さかもと未明の夫は医師で病院は?今現在は難病、介護で活動中

作家やコメンテーターとして活躍していた
さかもと未明さん。

写真集なども出していてその美しさも話題になったりしましたが
今現在は体がボロボロになって
苦労をしているようです。

本名は安西明美さんといい
1965年10月21日漫画家、作家、コメンテーター。

学歴は神奈川県立厚木高等学校、玉川大学文学部英文学科卒業となっていて
その後は商社のOLとして勤務するもうつ病になって3ヶ月で解雇と
なります。

結婚して主婦となり
1989年に漫画家としてデビューしました。

論客としても活動するようになり
グラビアも発表したりと多岐にわたって
仕事をすることになりました。

家族

漫画家になるまえに22歳で中学の同級生と
結婚することになりました。

主婦しながら漫画家となりましたが
仕事に対して旦那さんの理解をえることが難しく
わずか3年で離婚してしまうことになりました。

旦那さんとしては漫画家デビューはよろこんでくれましたが
普通の主婦でいてほしかったんだと思います。
退職した彼女と結婚したのも
主婦でいてくれるだろうとおもったからではないでしょうか。

2012年1月には横浜市内の55歳の開業医と
再婚となりましたが
センター南クリニックという病院の院長をしている
武田茂さんという方だといわれています。

再婚する前までは壮絶であり
2010年には武田さんが彼女のチャリティーコンサートを支援した縁で
不倫関係となり武田さんの当時の奥様から訴えられるという
事態になりました。

2011年2月には告訴は取り下げられて
めでたく?ゴールインとなりましたね。

結婚期間は両方の旦那さんともにみじかかったので
子供はいらっしゃりません。

難病

難病潰瘍性大腸炎の病気や顔面麻痺にかかった高橋メアリージュンさんについて

さかもとさんは昔から病気になることが多く
子供の頃はいじめや両親との確執に
悩まされていたこともあってか社会人になって
うつになったりもしました。

こういったことが原因で
「家族の問題や生きづらさに悩む人の心に届く作品を書きたい。」
と漫画家を目指すことになったのですが
しかしその苦しみというのは一般には理解できないくらいに
壮絶であったとおもいます。

2007年には筋肉の収縮がおこる膠原病により
手が動かなくなるということを医師に告げられることになって
2010年には身体障害者手帳の障害認定を受けることになりました。

食事療法や投薬などによって昔よりは回復傾向にはあるのですが
それでも介護なしではいきられないくらいです。

今の旦那さんはそれをしって結婚しているので
そこには本当の愛があったのだということが
理解できます。

彼女のすごいところは漫画家活動が病気でできなくなることを知ってからは
歌の練習をして音楽活動をするようになるという
ところですね。

多くの人はそれどころじゃなくなりますが
できることを精一杯しようという
その姿勢がすばらしいです。

捨てる神あれば拾う神ありではないですけど
うしなったものばかり見ていては
道は開けないということですね。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る