桜井信一をwikiる!娘の中学校進学先はどこか?職業や本名はどうか。

%e6%a1%9c%e4%ba%95%e4%bf%a1%e4%b8%80%e3%82%92wiki%e3%82%8b%ef%bc%81%e5%a8%98%e3%81%ae%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e9%80%b2%e5%ad%a6%e5%85%88%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%8b%ef%bc%9f%e8%81%b7
スポンサーリンク

金曜ドラマ「下剋上受験」が
2017年から始まることになりますが
これの原作はそのまま「下剋上受験」という
大ヒットベストセラーになった本になります。

ドラマになる前からも実話がドキュメントで
放送されていたりしていて
それゆえにドラマ自体もヒットしそうな
予感がします。

スポンサーリンク

画像引用:https://www.amazon.co.jp/%E7%88%B6%E5%A8%98%E3%81%AE%E8%A8%98%E5%BF%B5%E5%8F%97%E9%A8%93-%E6%A1%9C%E4%BA%95-%E4%BF%A1%E4%B8%80/dp/4906860400

桜井信一さんの名前は
実は本名ではありません。

お子さんは今現在私立の中学校に通っていて
勉強している身分であるために
さすがに本名を出すということは
できないようです。

学歴は中卒。
仕事はガテン系だといいますが
過去に紹介番組を見たときには
いろいろな仕事をしていたようでした。

ガテン系の仕事もさることながら
住宅展示場の案内係なんかも
やっていたことを示すような
映像がありました。

これ自体は番組の演出かもしれませんが。

本業はガテン系で
それに加えてアルバイトなんかをしていたのかも
しれません。

今ですとサイトを運営していて
そこからの広告収入があったり
ほんの執筆、講演会での稼ぎも
あることでしょう。

ちなみに奥様も中卒が最終学歴。

厳密にいえば2人そろって
高校中退となりますが。

信一さんは先生に逆らって
中退することになったようです。

中学受験へ

お子さんは娘さんが一人になるのですが
元々は普通の公立小学校に
通っていました。

子供を持つ家庭、そして東京に住んでいれば
進学塾からDMといったものが
届くことになります。

そこに模擬試験の案内があったために
信一さんは娘さんにそれを
受けさせることになったのですが・・・

2万6000人中、2万番以下の成績で
偏差値は41くらいという結果でした。

小学校の中では勉強はそれなりにできるほうだったのですが
私立中学受験を目指すような生徒だらけのところにはいったら
こういうことになってしまうのは
しょうがないことだと思います。

自身は中卒という学歴のために
社会的地位の高い職業につくことはできず
低学歴ゆえに自尊心を傷つけられるような日々を
送っていたといいます。

いい大学、いい会社に入った人間の子供は
おなじようなコースを歩む、
その逆もまたしかり。

こういった悪い流れを絶つために
娘さんが小学校5年生の夏に
中学校受験をさせることを決意しました。

塾といったものにはいれずに
信一さん自らが参考書を購入して
勉強しそれを教えるという親塾を
やることに。

知り合いの女子大生を時給千円くらいでやとったことも
あったそうですが。

元々は塾に通わせることも考慮しましたが
家計の事情、そして塾の体質といったものへの不満もあり
自ら教えることになった信一さん。

時にはうつになって精神安定剤といった
薬に頼ることもありました。

奥様は受験事態に非協力的で
時には妨害したりもしていたようでしたが
それは失敗したときにいいわけできるものをのこそうといった
親心もありました。

娘の進学先

娘さんの第一志望は
桜蔭中学校。

三浦奈保子さんや菊川怜さんといった
東大卒業の美女が卒業生であります。

偏差値は約72~75
中高一貫女子高であり
女子学院中学校、雙葉中学校と共に
「女子御三家」といわれる名門校です。

男子だと開成高校が東大生を多数輩出していますが
それの女子高バージョンですね。

残念ながら桜蔭中学校は
不合格になります。

しかし偏差値70前後の私立中学に
見事に合格なされて
そこに通うことになりました。

通っている学校は
東京大学や医学部といったところの
合格人数が高いところになります。

白百合学園、豊島岡女子学園、渋谷教育学園、
こういった名門校に入学した可能性は
高いですね。

就職もそうですが
とりあえず大学合格がこの先に待っており
高校生になった娘さんもしばらくは
追いかけられてしまうことになるでしょう。

プレッシャーに負けずに頑張ってほしいと
思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る