小松美羽はハーフなのか?実家は会社経営で出身高校や大学は?結婚した夫はいるのか。

小松美羽

美しすぎる○○という言葉が一時期大流行していました。

小松美羽さんは版画家として活動していて
2009年くらいに美しすぎる銅版画家として
紹介されたこともあるくらいの美貌を持っていて
今でも劣化することなく活躍中です。

1984年11月29日が生年月日であり
出身地は長野県埴科郡坂城町になります。

学歴は
坂城町立村上小学校、坂城町立坂城中学校、更級農業高校を経て
女子美術大学短期大学部に進学して卒業をなさっています。

高校はもう中学生さんと同じというのが
驚くところですね。

もう中学生さんもネタで絵を描いたり工作したものを
使っていますが高校は芸術系に力をいれているのかもしれません。

生産流通科・生物科学科・グリーンライフ科・施設園芸科
といった学科がありますが芸術系といえるものがあるかは
微妙なところです^^

大学を卒業した後は
版画の活動をしながらふらふらとしていたそうなんですが
とあるバーに自分の作品を飾ることがあり
それが業界の人の目にとまることになって
世に出てくることになりました。

2009年には「美しすぎる銅版画家」として
注目を集めることになるのですが、彼女自身が注目されただけであり
作品自体は世の中の人にあまり認知されていないようなところもあり
この肩書き自体にはいい思いはなかったようですね。

銅版画家がきれいだからおもしろそうということで
メディアに登場しても芸術家としては
やはり物足りないところがあるのでしょう。

作品自体が認められない限りは
成功とはいえないということでしょうね。

しかしその後も活動をしっかりと続けることになり
彼女が描く「死生観」が受け入れられることになり
日本だけではなくヨーロッパにも進出を果たすようになって

世界最高峰のガーデニングショーである英国の「チェルシーフラワーショー」では、
庭園デザイナーをしている石原和幸さんの作品「江戸の庭」に
小松さんが制作した有田焼の「狛犬」もおかれることになって
石原さんは4年連続金賞受賞を果たすことになったことにより
イギリスの大英博物館に所蔵展示されることになるという
幸運にも恵まれることになっています。

ここは農業高校で学んだことが生きたということでしょうか^^

彼女が死生観を見事に描けることができるのには
ご実家の影響もあるようです。

妊婦さんの胎内を見るエコーのヘッドの部分を実家で作っていたそうで
子供の頃から生命の誕生を感じることが
出来ていました。

生があれば死もあるということで
そういったことに興味をもって
自身の作品で表現しようと思うことになったのでしょう。

彼女にはハーフの疑惑もありますが
日本の長野県の会社の経営者が親であり
外人が入る余地というのはないように思います。

見た目の美しさは
歌手のSoweluさんに似てるように思いますが
そういうところがハーフだと思われる原因になっているのかもしれません。

ちなみにSoweluさんはクウォーターです。

小松さんも今では30歳を超えましたが
今でも結婚はしておらず夫のいない独身の身であります。

死生観を描く彼女が結婚したら
子供を作るのかどうかは気になるところですね。

彼女自身は自分のペースを乱されることが嫌いで
相手に合わせることが苦痛であると語っていたこともあり
子供がいればそれでいいかなともおっしゃっていたりしました。

そういったことを話す彼女は
完全な芸術家というような感じがしてしまいます。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る