中塚翠涛に壮絶過去で結婚に影響?師匠高木聖雨の力で下手から上手に?

中塚翠涛

ここ最近は
美人過ぎるなんちゃらというような
言葉も

あまり聞くことは
なくなってきました。

ブームは過ぎ去ったようですね。

そんな時代遅れな状況でも
美人過ぎる人は
いらっしゃいます。

美人過ぎる書道家といえば
中塚翠涛さんになるでしょう。

読み方は
なかつかすいとうと
いうみたいですね。

画像引用:http://taizen.joity.org/%E4%B8%AD%E5%B1%85%E6%AD%A3%E5%BA%83%E3%81%AE%E6%80%AA%E3%81%97%E3%81%84%E5%99%82%E3%81%AE%E9%9B%86%E3%81%BE%E3%82%8B%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E3%81%AB%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E7%BE%8E/

簡単な経歴なんかを
みていこうかと思います。

中塚さんは
岡山県倉敷市出身になり
生年月日は1979年7月24日となっています。

本名は愛というそうですね。

書道を始めたのは
なんとわずか4歳の時でした。

父親母親どちらかが
書道家とかいったことも
なかったようですが

子供に早くから習わせて
心をきれいにしてほしいとか
思ったのでしょうか。

学歴をみると
倉敷市立福田中学校、岡山県立倉敷古城池高等学校、
大東文化大学文学部中国文学科卒業
というようになっていて

その後は
モデル事務所へ所属することになり
バラエティ番組のアシスタント等をするなど

タレント活動に積極的でした。

中居正広のミになる図書館」のシリーズの一つ
美文字大辞典」のコーナーの講師として
出演してからは
その知名度をあげていき

自著「30日できれいな字が書けるペン字練習帳」と
そのシリーズは
ベストセラー著になるまでになりました。

師匠

書家といえば
師匠がいたりしますが

中塚さんも
例外ではありません。

彼女の師匠となったのは
書家の髙木聖雨(せいう)さん。

髙木聖雨

画像引用:http://www.geocities.jp/seiutakaki/

本名は髙木茂行(しげゆき)さん
いうらしいです。

肩書を見てみますと

日展会員  読売書法会常任理事審査員
謙慎書道会常任理事・事務局長
財団法人全国書美術振興会理事
社団法人全日本書道連盟理事
大東文化大学准教授
北京大学書法藝術研究所客員教授
湖南大学兼職教授
西レイ印社名誉理事
郁文社主宰

ざっとこれだけのものが
出てきたりします。

とんでもない逸材であることは
申すまでもありません。

2人が出会ったのは
中塚さんが大学時代であり
そのころ髙木さんは

講師として勤務しておられました。

才能と才能が偶然に出会い
そして中塚さんを

ここまでの逸材にすることになりました。

師匠の高木さんも多数の本を
出版しておられますね。

2015年30日に東京国立新美術館の
「改組 新第2回日展」では
最高賞となる文部科学大臣賞
聖雨さんが選ばれました。

弟子もすごいですが
師匠もまだまだバリバリの現役ですね。

師匠の師匠もすごい人であり
青山杉雨さん(文化勲章、文化功労者)
成瀬映山さん(文化功労者)

ともに文化功労章を
受賞していたりします。

そして父親も
文化勲章受章者の
かな書家高木聖鶴さんだといいます。

 

下手

中塚さんの書く文字は
書家らしく独特な雰囲気があります。

書家の字というと
でかでかとしているイメージがあるのですが
彼女の文字はそうではなくて
細めになっています。

中塚翠涛 下手

画像引用:http://ameblo.jp/suitou-nakatsuka/

この文字は賛否両論であり
なよなよしていて
自身なさげであるとか
へたくそであるとか
否定的な意見もあります。

そういった評価がでるのは
先入観が人にはあって
それとあまりにもかけ離れているが
ゆえであると
個人的には思いますね。

 

過去

書家でタレント活動もしていたことが
影響したのか

彼女にはある黒い噂なんかが
あったりもします。

実は昔付き合っていた彼氏が
彼女の動画を勝手にUPして
広めてしまったようなんです。

その人とは有名になる前から
付き合っていたらしいですが
別れたことに未練があって
報復として行ったのかなって
思ってしまいます。

書家といえば
クリーンなイメージがありますが
ちょっとした動画なんかでも
それに傷がつく恐れがありますから
とんでもない行為であると
思います。

仕事は順調なようですが
彼女のブログなんかを見てみても
結婚した夫や付き合っている彼氏といったものは
みあたりません。

私的には
その過去の動画なんかも
影響してしまってるんじゃないかという
感じがしてしまいます。

動画自体は今では
なくなっているようなんですが
噂自体は残っているので
相手男性も
二の足を踏んでしまいそうです。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る