平良彰吾をwikiる。父や兄もバスケ選手で拓殖大進学。高校は市立船橋。身長は?

平良彰吾
スポンサーリンク

バスケもプロリーグができるようになったりと
将来の日本のバスケ界がたのしみなところであいますが
将来日の丸を背負うことになるであろう有力な選手が
平良彰吾さんになります。

バスケをしていながら高身長ということでもなく
田臥勇太さんのような選手になっていくんじゃないかと
期待ができますね。

スポンサーリンク

出身地は千葉県船橋市であり
身長は170cm67kgとなっています。

中学は船橋中学校に進み
高校は名門の市立船橋に。

そこでは3年生のときに主将として
活躍をすることになります。

大学は拓殖大学進学と
なりました。

U-16、U-17といった年代別日本代表にも選ばれるようになり
高校2年生からはポイントガードとして
チームを引っ張っていくことになります。

スラムダンクでは宮城リョータ、仙道彰、植草智之、
藤真健司、牧紳一、板倉大二郎、深津一成といった人物が
ポイントガードとして活躍していましたが
ボールを運んだり、コートの中で支持をしたりと
重要なポジションになりますね。

平良さんはディフェンスやシュート力があり
キャプテンもしていますので
このポジションにはうってつけであったりします。

身長も一般人と比べてもそれほど高くはなく
ゴール下でリバウンド争いなんかをするよりも
外側からボールを運んだりパスしたり
シュートをしたりとったほうがむいているといえます。

大学は全日本学生バスケットボール選手権大会で優勝2回、準優勝4回という
名門中の名門となりますので
すぐにレギュラーになれるかどうかわかりませんが
上級生になればキャプテンということに
なってくるでしょう。

田臥勇太さんのようにNBAに挑戦ということも
ありえるでしょうか。

家族

お父様は平良勝利さんという沖縄県でバスケ選手を
していた方です。

苗字をみれば沖縄出身というのがわかりますね。
その実力はたしかなもので
日本代表にもえらばれた経験がありました。
お兄様は同じ市立船橋高校出身で、大学リーグでも活躍した名選手であり
5歳年上です。

こうしたバスケ一家にうまれたこともあり
3歳でバスケをはじめて間近にいるお手本をみながら
腕をあげていったのでしょう。

市立船橋高校の近藤義行監督からも
絶賛されている彰吾さんではありますが
自分はまだまだガードとしてはあまいと
謙虚な姿勢でバスケに臨んでいます。

日本のバスケ自体がまだ世界ではあまり活躍できていませんので
こういった謙虚な姿勢でやっていかないといけないでしょう。
もっとすごいチームと対戦して
切磋琢磨して世界の平良となれるように
がんばってほしいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る