岸村恭吾:アメフト選手をwikiる!関西大学で出身高校は?

スポンサーリンク

ラグビー熱が日本では高まってきていますが
ラグビーに似ている感じのする競技のアメリカンフットボールで
大活躍しているのが岸村恭吾さんです。

アメフトが日本国内で大人気になるのはまだ先のことかもしれませんが
こういった選手が今後も世界相手に大活躍していけば
アメフト熱におかされる日本をみることは
できるようになっていくでしょう。

スポンサーリンク

出身地は大阪府であり
生年月日は1994年01月25日になります。

出身高校は大阪産業大学附属高等学校であり
大学は関西大学社会学部に進みました。

中学時代はフラッグフットボールというものをしていたのですが
これはアメフトに似ているものの体の接触は禁止のスポーツであり
体に旗をつけていてそれを取るゲームになります。

ここで活躍していたので
アメフトに勧誘されることになりました。

高校3年生の時には日本一を経験することになり
2012年にはU19日本代表にも選ばれることになり
アメフト界を背負って立つ男として
おおいに期待をされています。

アメフトとラグビー

この2つの競技は見た目はかなりにていて何が違うのか
気になるところです。

アメフトは防具をつけていて
これはラグビーよりも接触の面のルールがあまくて
怪我もしやすいためにとられている処置
となっていますね。

ボールは似ていますがアメフトのほうが小さく
そのためにラグビーは下投げでつなぐことがおおいですが
アメフトは上投げが多く使われたりといった
違いがあります。

日本のアメフト

ラグビー日本代表はワールドカップではなかなか勝てずにいて
最近になって世界でも認められるレベルにまでなってきましたが

アメフトでは世界でも上位にくる強豪として知られるのが
日本代表になります。

しかし競技人口がアメフトよりも少なくて
活動内容も一般には浸透していないことが
不人気の原因になっているようなところがありますね。

強ければいいというわけにはいかないのが
スポーツの難しいところでしょうか。

これからアメフトが人気になっていくためには
世界制覇というものが必要になるかもしれませんね。

本場アメリカのアメフトファンは結構いらっしゃいますが
そういう方々が国内にも眼を向けることになったら
おもしろいことになるかもしれません。

岸村さんはランとパスを得意とするプレイヤーであり
自らも得点できて味方を生かすこともできるために
世界と戦ったときにそれを発揮すれば
頂点を取るのは夢ではないかもしれません。

日本のスポーツ界に新たな風を吹き込むためにも
がんばってほしいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る