仲宗根美樹の今現在。離婚した夫や息子、娘、孫、借金の壮絶過去

仲宗根美樹

仲宗根美樹さんといえば
沖縄の歌姫と呼ばれた
伝説のスターであり
また波乱な人生を歩んでいたことでも
知られていたりします。

地獄を見た芸能人は数いれども
彼女の人生もまた負けないくらいに
壮絶なものでありました。

彼女は東京都出身であり
生年月日は1944年6月23日になります。

終戦間際であり
沖縄県がアメリカ軍に攻められる
直前ですね。

実はお父様とお母さまは沖縄県出身ですが
東京に疎開してきたこともあり
彼女は東京都で生まれることになりあmした。

両親の決断が少しでもおそければ
アメリカ統治の沖縄で育つことに
なっていたかもしれません。

歌手デビューを果たしたのが
1960年であり日本テレビ「東京物語」に出演。
主題歌「愛に生きる」で歌手デビューを果たします。

1961年9月には
川は流れる」が大ヒットし
12月に第3回日本レコード大賞新人奨励賞を受賞するという
快挙を成し遂げます。

翌年には
第13回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし
その後も次々とヒット曲を生み出すことに。

ここまで見ると
かなり幸せな人生をあゆんでいたように見えますが
ここからが大変でした。

 

家族

1971年の27歳のころに歯科医の男性と結婚。

芸能界を引退することになります。

当時の彼女は売れっ子でありましたが
仕事が多忙であり
精神的にはかなりまいっていたようでした。

彼女の母親は実は
事務所の社長もしていたのですが

厳しいステージママであったようで
その母親とは仕事もプライベートもほとんど一緒であり
そういった生活はかなりストレスになっていたようです。

1972年に長男一成さんが誕生しますが
その直後には離婚してしまうことに。

でもすぐに司法書士で経営コンサルタントの
白橋栄治さんと再婚することになり

1977年に次男雄大さんを出産し
翌年には長女亜紀さんが誕生。

次男を出産した際には
陣痛から出産までわずか30分という
当時の病院記録を打ち立てることに
なったといいます。

合計3人のお子さんのママになるのですが
1981年には白橋さんとも離婚するという
ことになってしまいます。

実は白橋さんと結婚した後に
旦那さんが沖縄国際海洋博覧会が開かれるのを見越して
海洋博会場入り口にショッピングセンター「ビックマート」を
開設したのですが

そのころはオイルショック直後で時期が悪く
海洋博自体が不人気ということもあり
事業は破綻。
多額の借金を負う結果になってしまったのでした。

次男と長女が生まれる間には
仲宗根美樹<審美容>サロン」を開設して
フランチャイズ展開するものの

81年1月に
その会社であるミキ・コーポレーションが倒産して
負債総額は当時の金で6億5千万円に上ってしまうことに。

事業の失敗のために夫婦仲も
うまくいかなくなってしまいました。

まちゃまちゃが借金地獄に

転落人生は
ここで終わりません。

1998年に「年忘れにっぽんの歌」で
25年ぶりに歌手復帰を果たして
多くの番組に出演し

再起できるかとおもったころの
2008年10月9日に長男の一成さんが35歳という若さで
癌により他界してしまいます。

家族全体が何かに呪われているんじゃないかと
思えるようなことが
どんどん起こってしまったんですね。

とはいってもうれしいこともあり
長女亜紀さんは無事に結婚して
お子さんも生まれて

仲宗根さんはおばあちゃんになることに
なりました。

 

今現在

タレント活動と並行して
2014年に銀座で「クラブ美樹」という
お店を開業することになりました。

倒産で莫大な借金を背負うことになった彼女ですが
そういうつらい経験があるのに
またお店を始めるというのは
かなり勇気がいったんではないかと
思いますね。

最初は
銀座7丁目6-7にお店があったのですが
2015年ころに銀座8丁目に移転したらしいです。

彼女のクラブでは彼女自身の生歌を聴くこともできて
贅沢な時間を過ごすことが
可能なようです。

今回は昔の会社とは違い
等身大のお店という感じですので
倒産してしまうということは
ないでしょうね。

壮絶すぎる過去を経て
今は70歳を過ぎていますが
好きなことをして人生を楽しんでほしいと
思います。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る