鎌田保義をwikiる!経歴や嫁について。おでんで新橋かま田を経営

鎌田保義
スポンサーリンク

東京の新橋に行くと
仕事でがんばって自分にご褒美をあげている
サラリーマンがたくさんいます。

そこにあるおでんやで腕を振るっている
鎌田保義さんは31歳で自分の店を持つことになり
庶民の味方のおでんを追求していらっしゃいます。

スポンサーリンク

芸能人ではないためにwikiがあったりするわけではありませんが
できるかぎり調べてみました。

生年月日は1977年であり出身地は
埼玉県になります。

最終学歴は調理師専門学校卒業となり
箱根の高級旅館、老舗日本料理店なだ万といったところで
修行をすることになります。

そして「お多幸」というおでんの店に就職して
浦和店で6年半修行をしたあとで
新橋かま田」をオープンすることに
なりました。

ちなみにお多幸でおでんのすばらしさに築いて
腕を磨いていくことになったのですが
その前のお店ではあまりうまくいかずに
挫折を味わったようですね。

料亭はお客さんにとってはとてもすばらしい空間ではありますが
その裏では料理人などのスタッフが
汗水たらしてがんばっていてくれるわけですが
それについていくというのは
なんとも大変だと思います。

自分がのしあがるためには時には汚いことも
したりしないといけないというのが社会ですので
そういういろんなこともあったのではないかと思います。

お多幸では挫折しないだけのものがあり
また過去の挫折があって失敗しないようにと
気をつけていたところもあるのでしょうか。

おでんにはまってからは
常におでんのことばかりを考えていらっしゃっていて
自分の追及したおいしいおでんを提供するために
お店でがんばっています。

一般的なおでんやにいくと
ずっとつゆにつけてあるというイメージがありますが
彼のお店ではおでんのタネを頃合をみて火からおろして
注文が入ってから小鍋で煮込むといった
一番おいしい状態にすることを心がけていて
しかしお値段はひとつ150円という庶民にもやさしくなっています。

出汁に高級のかつお節や昆布といったものをつかって
こだわりをみせていながらこれだけ安い値段で提供するというのは
おでんを高級品にせずにあくまで庶民のものにしようと
がんばっているからなのでしょう。

あえて値段を高くして
独自の路線を貫く方法もあるかとおもいますが
彼にとってはそうしたくない
何かがあるんじゃないでしょうか。

いろんなひとに食べてもらいたいとか
そういう心意気があるのでしょうね。

鎌田さんは繁盛店をきりもりしているためなのか
家族の存在が見えなかったりします。

ただ出していないだけともいえるのかもしれませんが
挫折の後にオタクともいえるくらいに
おでんをきわめていったので
結婚して奥様と過ごすということは
なかなかできなかったのでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る