大森玲子はスキャンダルをヤンキー彼氏に。タトゥーの状態や店の名前、場所

大森玲子

第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンで
受賞し、清純派アイドルとして
芸能界デビューを果たした
大森玲子さん

将来性を期待されていた彼女でしたが
なんと事務所を解雇されるという
つらい過去を経験してしまうことになりました。

いまでも彼女のファンだった人は
復帰を望んでいるようですね。

画像引用:http://candy17.club/2423.html

ホリプロタレントスカウトキャラバンといえば
多くのタレントを生み出した
イベントであり
受賞出来たら将来も明るくなるといっても
過言ではありません。

大森さんはポスト優香として期待されていて
多忙な生活を送っていたのですが
清純派アイドルをしていた裏では
すさんでいるような生活を送っていました。

ヤンキー時代を迎えてしまい
男にはまって
私生活は荒れていきます。

なんとかしようとして
彼氏に別れを切り出すものの
ヤンキー男性はそのことを不服とし
なんと2人で寝ている写真なんかを
週刊誌に売り込むことに。

プライベート写真流出により
彼女の清純派イメージは崩れて
ホリプロの契約終了、
事実上の解雇となってしまいます。

彼女の自業自得のように
思われるかもしれませんが
彼女をそのようにしてしまったのは
ある事件が関係していると思われます。

彼女が15歳の時
大阪の毎日放送ラジオで深夜の生放送番組に
出演することになったのですが

未成年の深夜労働は禁止されており
労働基準法違反の疑い
ホリプロと毎日放送の社員が
書類送検されるということになってしまいました。

彼女は何も悪くありませんが
このころから清純派イメージを
崩すことにも。

仕事が減ってしまい
2000年4月の高校進学を機に
学業優先を理由として芸能活動を休止
することになります。

このときから
ヤンキー生活が始まったんですね。

2001年8月20日に復帰するも
仕事は増えることなく
そんなさなかに流出事件が起こります。

彼女自身が悪いのではなく
狂わされたというのが
真相です。

その後の彼女は
2005年3月に
Eldie Media Works」という事務所と契約して
相原玲と改名します。

しかし2009年4月に契約終了。

バンド「Rainy UNGLEBUN」でRayとしての活動に専念しますが
2012年7月29日にバンドが解散。

2014年からは「ファイブドアーズ」(現:ADS)に移籍して
元の大森玲子に芸名を戻して芸能活動を再開することになります。

活動はなかなかうまくいっていませんね。

 

タトゥー

彼女はバンド時代に
刺青を入れることになりました。

清純派から解放というか
戻れなくなったこともあり
別人になろうと刺青を入れたのかもしれません。

しかしそれが
彼女の結婚を台無しにしてしまうことになります。

結婚する予定であった
男性の実家にあいさつにいったのですが
そこでその人の母親に
刺青が原因で結婚をゆるされないという事態に
陥りました。

この刺青が原因で
子供がいじめられたらどうするのか

といったことを言われて
何も言い返せなかったようです。

将来子供ができたことを考えると
タトゥーは邪魔になるということで
除去手術を行うことに。

ヤンキーが原因で事務所を追い出された彼女ですから
将来生まれる自分の子供に
同じ思いをさせたくないと
考えたのでしょう。

青山セレスクリニックで
10回以上の除去手術を繰り返し
ほとんど目立たないところまで
除去することができました。

 

店の名前

彼女は一応芸能界復帰をはたしたとはいえ
まだまだタレント活動だけでは
やっていけないところもあるみたいです。

それゆえ並行して
水商売なんかもしているといいます。

銀座の高級クラブで
働いているといった情報がありましたが
その店の名前をしらべても何も出てきませんでしたね。

それゆえ本当にお店があるかどうかが
わからない状態でした。
また船橋にあるといった話もありましたが
それも信ぴょう性にかけるものであり

実際に彼女が
働いている店はどこなのか
わからずじまいです。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る