小川真澄をwikiる!夫や今現在の娘の知的障害。原因は何?経歴にパンプキンが!

スポンサーリンク

結構前のことですが
サンミュージックに
パンプキンというアイドルグループがありました。

そこの第二期メンバーであった
小川真澄さん。

今現在は芸能界を引退していますが
いったいどのような状態になっているのでしょうか。

スポンサーリンク

小川さんは年齢は公表しておらず
生年月日も一部不明ですね

5月6日生まれで東京都八王子市出身となっており
堀越高等学校、亜細亜大学経営学部経営学科卒業という
経歴を持っています。

アイドル活動をしていたのは
高校時代中心であり大学入学後3年生の時に
芸能界を去ることになったようです。

そしてなんと22歳で結婚することになり
永見真澄と苗字が変わることになります。

お相手の旦那さんは鳥取県の方であり
そのため東京を離れて鳥取県で
暮らすようになります。

2人の間には3人の娘さんが生まれることになるのですが
出産したときの年齢はなんと、

25歳、27歳、29歳という若さでありました。

晩婚化が叫ばれる今では
考えにくいことかもしれません。

生まれたこどもはかすがいになることはなく
8年で最初の旦那さんと離婚するということに
なりました。

その後2人目の旦那さんと再婚することになりますが
5年くらいでその人とも離婚。

そしてバツ2になってしまいます。

パンプキンは清純派として知られていましたが
当時のファンがこのことをしったら
びっくりしてしまうでしょうね。

ただ彼女は2013年には41歳になり
1歳年上の旦那さんと結ばれることになりました。

夫の画像なんかは
出回っているようですが
とてもやさしそうな人ですね。

めでたしめでたしといいたいのですが・・・

娘の知的障害

実は彼女の次女であるりんさんですが
知的障害を抱えてしまっているということです。

芸能人、元も含めますが
その子供には障害疑惑がよくでてくるのですが
彼女の次女は本当に障害を持ってしまったのです。

ただ、生まれたときから障害をもっていたのではなく
元々は体が弱い子供でした。

それが生後6か月のときに
予防接種を受けることになって
そのときに体内に投入した
非常に弱いポリオウィルスが
りんさんの体を蝕んでしまうことに
なってしまいました。

注射で弱い菌をいれて
抗体をつくるという手法は一般的なものですが
体が弱い人は菌に負けてしまうことが
あったりしてしまうんですね。

今現在は日本では死んだポリオウィルスをつかった
予防接種が一般的になっていますので
お子さんのいる方は安心してください。

りんさんは残念ながら医師の対応なんかの遅れにより
細菌性髄膜炎という重病に見舞われ
後遺症で脳に障害が残るという結果になってしまいました。

小川さんやりんさんは何も悪くないのに・・・
本当に悔しいことでしょうね。

こういう経験から彼女は
他のお母さまたちに同じ目にあってほしくないと
啓発活動なんかもしておられるようです。

今現在のりんさんは
鳥取県立米子養護学校に通っておられます。

知的レベルは6歳程度ということらしいのですが
職業訓練なんかをしっかりと受けていて
徐々に改善の方向に向かっているみたいですね。

長女の藍里さんは美容師見習いとして働いていて
三女ののんさんは女子高生をしていらっしゃいます。
 
ダウン症障害の子供を持つ芸能人一覧

小川さんの今現在の仕事

実は小川さんは
サンミュージックアカデミー米子校の運営にかかわる仕事をしており
また旦那さんの会社であるタイヤセンターナガミの経営にも
参加していたりします。

サンミュージックの仕事の一環として
ローカルアイドル2人組グループの
Chelip(チェリップ)のプロデュースも行っているようです。

井次麻友(いつぐまゆ)さん、藤井美音(ふじいみおん)さんが
メンバーとなっていて
地元を盛り上げるために頑張っておられます。

カラー戦略ウェブ解析士といった肩書ももっていて
バリバリと働いていらっしゃいます。

アイドルからキャリアウーマンに、
見事に人生を開拓しているその姿は
とても素敵です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る