韓国大統領選挙2017年日程はいつか?候補者予想、当落について

韓国大統領選挙
スポンサーリンク

2017年3月10日に韓国の憲法裁判所が、
朴槿恵(パク・クネ)大統領に対して
弾劾妥当との判決を下すことになりました。

大統領職を罷免され失職することになり
今後は第19代大統領を決める選挙
行われることになります。

スポンサーリンク

大統領選挙の日程

韓国憲法68条2項
大統領選挙の日程について
記載されているのですが

弾劾を受けた日より
60日以内に新大統領を選出する
必要があるというようになっているので

3月10日から60日以内に
次の大統領を決める選挙が
行われることになります。

5月9日になるまでに
選挙という形になりますね。

2017年4月26日水曜日が
選挙となるという説が有力視されているのですが

理由としては
韓国の大統領選挙は祝日を除く水曜日に
行われるようになっていて

最後の水曜日である5月3日は仏誕節という祝日になるために
1週前のその日になると思われているようです。

 

韓国大統領候補

韓国大統領選挙

出馬する可能性があるとされる人は
画像にあるとおりになります。

文在寅(ムン・ジェイ)氏が世論調査で一番人気となっています。

2位の安煕正(アン・ヒジョン)氏を大きく
突き放していますね。

1位と2位のこの2人は
共に民主党に所属していて
野党候補有利という展開に
なっています。

文在寅氏は昔から次の大統領にふさわしいといわれていて
組織票なんかも見込めるために
大統領になる可能性は
かなり高いのではないかと思います。

他の候補としては城南市市長である
李在明(イ・ジェミョン)氏

韓国のトランプといわれていて
多くの韓国人の支持を
とりつけているところがあります。

黄教安(ファン・ギョアン)氏
パク・クネ大統領の罷免により
大統領代行となったのですが
与党不人気のために
難しいかもしれません。

元国連事務総長の
パン・ギムン氏の不出馬もあって
人気が上がったみたいですが。

安煕正(アン・ヒジョン)氏
過去に政治献金や学生運動などで
2度の逮捕、服役を経験していたりします。

 

韓国大統領の選挙方法

大統領選挙は国民による直接の投票で
選ばれることになります。

1987年の第13代大統領選挙から
民主化が推し進められて
直接選挙となったのですが
過去には議員による投票の
間接選挙の時もあったりしました。

今後ももしかしたら
変わるかもしれません。

日本とは違いますね。

 

日本への影響

支持率が1位2位の候補が共に民主党所属であり
そして親北といわれる考え方をしていらっしゃいます。

日韓合意に関してはムン氏が
再交渉の立場を示し
アン氏は歴史問題と切り離して
日本と接する立場を示しています。

アン氏が当選したほうが
日本にとってはプラスといえそうですが
この2人のどちらかが当選しても
北によっているために
中国を中心とした社会主義陣営
よっていくかと思われます。

朝鮮半島の国は
昔からそうでしたので
それが続いていくと思えばいいでしょう。

近所にあるのに
韓国と分かり合えるときは
まだまだ来ないといえそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る