カシアス内藤の嫁や息子の今現在。癌で闘病

カシアス内藤

元プロボクサーである
カシアス内藤さん。

アリスの歌「チャンピオン」の
モデルでもある彼は
今現在はとんでもない状況下に
あったりもします。

彼もすごい人ですが
家族もすごかったりしますね。

生年月日は1949年5月10日であり
兵庫県神戸市生まれ、神奈川県横浜市育ち
となっています。

内藤純一が本名となっていますが
アメリカ名はロバート・ウィリアムズとなります。

実は彼はハーフであり
お父様が黒人のアメリカ兵のハーフになります。

お父様は朝鮮戦争に駆り出されて
それによりお亡くなりになってしまいます。

神奈川県の武相高校ボクシング部に入部し、
インターハイに出場してミドル級の高校チャンピオンに。

プロに転向してからは
無敗のまま1970年2月に日本ミドル級チャンピオンとなり

1971年1月には東洋ミドル級チャンピオンに。

輪島功一さんを倒して世界チャンピオンとなる韓国の柳済斗さんと
敵地で戦うことになりますが敗れて初黒星に。

その後成績が低迷し
噛ませ犬の役割を担うようになってしまいますが
そういう状態もあってか表舞台から消えることに。

しかし4年後の1978年10月に突然復帰。
連勝することになりますが
1979年8月に韓国のソウルで朴鍾八さんとの東洋ミドル級王座決定戦
挑戦しますが2回KO負けとなり現役を引退。
 
その後はE&Jカシアス・ボクシングジムを運営し
会長という立場になっています。

家族

奥様は三美子さんという方になります。

彼女は芸能人とかではなく
一般人のかたになるみたいですね。

この奥様がとにかくすばらしいんです。

実は内藤さんは2003年に
咽頭がんにかかっていることが
判明してしまいます。

しかも余命3か月。

生存している間に
自分のボクシングジムを経営したいという夢があったために

現役中からの知り合いであった
ノンフィクション作家の沢木耕太郎さんたちの協力を得て
2005年2月に横浜市中区でボクシングジム「E&Jカシアス・ボクシングジム」を
開設することができました。

沢木さんというかたは
内藤さんをモデルにした本

1976年「クレイになれなかった男」
1981年「一瞬の夏」を出版した方ですが
内藤さんに心底ほれ込み
ジム設立のためにカンパを募ったりしたのでした。

ジムを開設したのはいいですけど
内藤さんはがんにかかっており
いつ亡くなるかわからない状態です。

それを協力しているのが
奥様になるんですね。

ジムの経営から裏方までしっかりと
奥様がサポートしているために
順調にジム運営ができているところがあります。

そんな2人の間に生まれた子供は
息子さん2人であるのですが

長男の内藤律樹さんは
父親と同じプロボクサーの道を進むことになり

第45代日本スーパーフェザー級王者になるまでになりました。

次男もボクシングをしているみたいですが
プロボクサーではなくトレーナーの道を
目指しているところがあるみたいです。

長男は自分のことに熱中してしまうタイプみたいなのですが
次男は周りを見ることができるタイプだということですので
教える側に回ったほうが
能力を発揮できそうではあります^^

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る