有栖川宮詐欺事件で被害にあった芸能人たち一覧

有栖川宮詐欺事件

有栖川宮詐欺事件

これは2003年4月に起こったもので
結構最近の出来事になります。

有栖川宮といえば教科書にも出てくる名字であり
皇族系の一族になるのですが
その名前が詐欺に利用されてしまったんですね。

画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A0%96%E5%B7%9D%E5%AE%AE%E7%86%BE%E4%BB%81%E8%A6%AA%E7%8E%8B

有栖川宮詐欺事件について

まず有栖川宮とはなにかについて
見ていきます。

有栖川宮熾仁親王が有名な人ですね。
明治維新のときに活躍したというか
かつがれた人なんですが

江戸幕府14代将軍徳川家茂の奥さんとなった
和宮と婚約していながら
公武合体のために
婚約破棄をされたというような
経歴を持っていたりします。

そのあとをついで有栖川宮当主となった
有栖川宮威仁親王のあとが続かず
お家は断絶となります。

教科書で目にした皇族の名前であっても
その後どうなったのかまで知っている人は
ほとんどいません。

有栖川宮=皇族というイメージのあった人は
この詐欺事件でだまされることになって
しまいます。

2003年に
有栖川宮を名乗る二人
(自称:皇族男・自称:女子アナ)が結婚式を開くことになり
出席者から多額の祝儀などをだまし取る
事件が起きます。

新郎新婦とのツーショットに1万円の撮影費用が発生するなど
おかしなところがたくさんあったのですが
皇族の結婚式とはそういうものなのかと
思ってしまったのか
だまされることになりました。

この詐欺結婚式をひらいた
新郎は自称有栖川識仁(ありすがわさとひと)で
当時41歳。

本名は北野康行(きたのやすゆき)という
みたいです。

彼のの出身は京都府宇治市で実家は
八百屋をしていたようです。

中学校卒業後から工場で働くことになりますが
仕事が長続きせずに職を転々と変え、
伏見博(ふしみひろし)という偽名をつかったりも
していたらしいですね。

1984年から有栖川識仁(ありすがわひさひと)となのって
高松宮信仁親王から有栖川家の祭祀を継承するようにと
言われていると公言することになります。

政治団体「有栖川記念事業団」(のちに有栖川記念に改名)を設立、
多数の会社に出入りしては顧問料を受け取るまでに。

詐欺師としては
かなりのやり手です。

もう一人の加害者は
坂本晴美氏

熊本県出身で、
高校生の時にミスインターナショナル熊本地区予選で
準ミスに選ばれたというような
華やかな経歴を持っています。

しかし性格に難があり
自分中心じゃないと嫌というところが
あったみたいです。

結婚や離婚を繰り返していて
しかもお子さんもいたということです。

2002年に二人は出会うことになり
北野氏が4つ年上の坂本さんに告白することに
なります。

北野氏は自分の正体を告げることになりますが
「そのまま皇族のフリを」と指示されることに。

そして詐欺事件へとつながっていきます。

2人は逮捕され懲役2年2か月を言い渡され
その後釈放されます。

2007年5月には、
二人は京都府宇治市にて「有栖川記念」を再設立。
週刊誌の取材に答えたりも
していたそうです。

反省している感じは
全然ありませんね。

結婚と離婚を繰り返し、大きな子どももいるそうですが、坂本さん自身はテレビリポーターやネットワークビジネスなどの仕事を転々として銀座のホステスだったこともあるようです。

幅広い人脈を持っていたという坂本さんですが、彼女と仕事関係にあった人のブログにはその人柄がこんな風に描かれています。

 

被害にあったタレントたち

この詐欺事件で被害にあわれたのは
一般人だけではなく
多数の芸能人も含まれています。

ざっと名前を挙げると
デーブスペクター夫人
石田純一さん
ダイヤモンドユカイさん
エスパー伊東さん

そうそうたるメンバーが出てきます。

ダイヤモンドユカイさんは
結婚式に招待されたわけではなく
余興で歌を歌うために
呼ばれたようですね。

ちなみにこれらの芸能人たちは
加害者のことはほとんど知らない
状態にもかかわらず
出席することになったようです。

知らない人の結婚式に
いくということ自体
理解できないものがあるのですが

皇族関係の結婚式にいくということが
価値があるとかんがえたのかも
しれません。

ブランドにのっかることで
自分の価値をたかめるということは
どこでも行われていますからね。

加害者はその人間の性質を
見事に利用したということに
なりました。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る