西京佑馬をwikiる!出身中学・高校や兄、戦績。K-1でミライモンスターに!

西京佑馬
スポンサーリンク

ミライモンスターには
様々な若き逸材が登場しましたが
今回は西京佑馬さん
調べさせていただきました。

この方はキックボクシングをしていて
そして高校生にしてK-1のリングに立つという
とてつもないお方です。

スポンサーリンク

画像引用:https://twitter.com/hashtag/%E8%A5%BF%E4%BA%AC%E4%BD%91%E9%A6%AC

生年月日は2000年9月21日。
出身地は神奈川県海老名市となっています。

佑馬選手はなんと小学六年生にして
キックボクシングを始めることに。

この頃の年齢でキックボクシングをすること自体が
信じられないのは
私だけでしょうか。

その前には小学4年から空手をしていたのですが
実は兄弟がいて
兄の西京春馬選手が格闘技を先にすることになりました。

そういうこともあって父親に勧められて
キックボクシングを始めるきっかけになりました。

戦績

キックボクシングを始めたころは
あまり勝てず負けることが多かったのですが・・・。

2012年
第5回 ビッグバン アマチュアキックボクシング大会

(西京佑馬0-3酒井柚樹)判定負け

MAキック 王座決定戦

(西京佑馬0-3長束 勇樹)判定負け

2014年
BLOW-CUP 24 一回戦

(西京佑馬2-0池田 剛)判定勝ち

BLOW-CUP 24 決勝戦

(西京佑馬1-2甘中 雄大)判定負け

しかし徐々に実力をつけていき
2016年に行われたK−1甲子園では
見事に優勝することになりました。

2016年
k−1甲子園-60kg 準決勝

(西京佑馬3-0杉山太陽) 判定勝ち

k−1甲子園-60kg 準決勝

(西京佑馬3-0横山巧) 判定勝ち

ちなみにK-1甲子園に出たときは
アマチュアだったみたいで
なんとプロ相手に勝利して
優勝をさらっていたんですね。

ただただ驚くばかりであります。

ちなみに上記に出てきた兄の
西京春馬選手もK-1甲子園王者になったという
実力を持っています。

兄弟そろってすごすぎますが
夢は兄弟で世界王者になることだといいます。

どこかの亀田三兄弟を
思い出してしまいますが^^

近くに兄というすばらしいお手本がいたために
弟も王者になれたという
そんな感じがしてしまいます。

ちなみに学校ですが
杉本小学校海老名中学校を経て
神奈川県立厚木清南高等学校に在学していると
いうことです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る