宮本和知の嫁奈緒子をwikiる!離婚歴や乳がん、実家、娘などについて

宮本奈緒子
スポンサーリンク

栄光の読売ジャイアンツの
本格派左投手として活躍していた
宮本和知さん

引退後はタレントとして
頑張っていらっしゃいますが
彼の奥様についてみていこうと
思います。

スポンサーリンク

画像引用:http://idolidol.info/archives/1279

奥様は宮本奈緒子さんといい
アメーバブログをやっていたりしています。

生年月日は1975年12月16日で
出身地は埼玉県。

2008年9月に2人は結婚することに
なりますが、

年齢差は12歳。

日本舞踊家(正派若柳流)として活動していた時で
若柳きららという名義を
使っていました。

1998年にミス・アジアパシフィック
世界大会日本代表として出場したという経歴があり
かなりきれいな方ですね。

今の彼女はテレビに出演したり
ネイルの仕事をしていたりしています。

出会ったきっかけは
和知さんのテレビ番組に
彼女が出演して
それで意気投合したということです。

彼女には30歳近い長女と
幼い次女がいますが

次女は和知さんとのお子さんになりますが
長女は実は違います。

長女は和知さんの前妻との
お子さんなんですね。

奈緒子さんと前夫の子供のように
思ってしまうのは
親権はだいたい女性が持つからだと思います。

和知さんは1996年に
前の奥さんと離婚してしまいます。

子育てについて夫婦の意見が合わずに
8年の夫婦生活に終止符を打つことになったのですが
お子さんは宮本さんが持つことになったのです。

当時は巨人の投手として活動していて
子育ても難しかったこともあり
地元山口県から両親を
呼んで育児をしてもらったそうです。

前の奥様は子育てが
嫌になったのでしょうか。

なんだかかなしい感じがしますね。

奈緒子さんは離婚歴があるように思われていますが
そういうことはないみたいです。

長女からしたら血のつながっていない
母親と異母姉妹がいることもあり
大変だったかもしれませんが
大きくなっていたので
まあまだよかったのかもしれません。

乳がん

奈緒子さんをみていると
乳がんという言葉が出てきます。

女性にとっては
遠い存在ではない癌ではありますが
彼女に乳がんにかかった経歴はありません。

なぜその言葉が出てきたかというと
彼女は乳がんの定期検診を受けていて
それが広まったからだそうです。

定期検診をしっかり受けていれば
かかる可能性はかなり低くなるといえるから
安心ですね。

実家

彼女は埼玉県出身ですが
ブログでは実家に帰ったといった
記事がありました。

そこには
甘味処の伊勢屋さんにいったという
記述がありました。

埼玉県のふじみ野市や春日部市なんかにある
お店のようです。

このどちらかに実家がありそうです。

昔から行っていたお店だそうですが
かあんりの近所なのか
車を使わないといけないのかは
ちょっとわからないですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る