浜田光夫の今現在失明?眼球破裂の加害者や嫁?娘長女加藤有香に孫はできたか?

浜田光夫
スポンサーリンク

純愛物語で
日本の映画界を支えてきた
浜田光夫さんですが
実はとんでもない事件に巻き込まれて
眼を怪我してしまうなんておぞましいことが
あったりしました。

その彼は今
どのようになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

画像引用:https://ameblo.jp/hamada-mitsuo/

暴行事件

1966年7月25日までさかのぼるのですが
浜田さんは名古屋市にいました。

当時は22歳で人気絶頂のときだったのですが
サパークラブで仕事終わりに仲間立ちと飲んでいたら
そこに居合わせた酔っ払いが

浜田さんの役者仲間に絡み出すことに。

その人はいきなり空き瓶で役者仲間を襲うことに。

そのとき、空き瓶は割れてしまい
絡まれた人の隣にいた浜田さんの右目に空き瓶のガラスの破片が
ささってしまうことに。

眼からは透明な液体がどばどばと流れ出し
浜田さんの右目はぜんぜんみえないという状態に
なってしまいました。

ガラス片は黒目を直撃していて
レンズ部分の水晶体に到達

眼球破裂水晶体を保護する「房水」が
流出するという惨事に見舞われました。

そういうことがあり
緊急手術。

黒目を0.3mm間隔で32鍼縫い上げる
眼球縫合手術をおこない
8時間の戦いの末

奇跡的に失明は免れることになります。

そのころは吉永小百合さんと
「愛と死の記録」という作品で共演予定であり
相手役になっていたのですが
この怪我を受けて

渡哲也さんが代役になることに。

そして失明は免れたものの
黒目に白い傷跡が残ることになり
それを隠すためにサングラスをかけ仕事をすることに。

後遺症はひどくライトの前では目を開けていることすら
困難という状況に陥ってしまいます。

翌年には「君は恋人」で復帰することになるのですが
後遺症のためにサングラスなどが手放せないことに。

純愛俳優として活動はできなくなり
メインからバイプレーヤーとなることで
役者の活動を継続できるようになりました。

こういう事件があり
加害者はどうなっているのか
気になるところではあるのですが
逮捕されたとかいう話は全然聞きません。

それなりの償いが必要であるのに
なんともいえない結果になってしまいましたね。

病院に運ぶのに必死で
加害者を捕まえるとかそういうところまで
気が回らなかったのかもしれません。

ちなみに浜田さんはその後
目の完治を諦めず4度もの手術を受けて
暴行事件から7年して目を完治させることに
成功しました。

事件で仕事が激減し
どん底状態にあった彼を支えたのは
宝塚歌劇団52期生の元タカラジェンヌ、
青園宴(浜田恭美子)さんいなります。

1972年にハワイで結婚していますが
まだ目が完治していない時ですね。

この奥様が浜田さんを支え続けていたために
眼の完治という結果を手に入れることが
出来たのであるといえます。

2人の間には2人の娘さんが
生まれることになり
長女の加藤有香さん
2005年2月13日にひばりプロダクション社長で
みそらひばりさんの義理の息子である
加藤和也さんと結婚することになりました。

玉川学園の同窓生だったという縁が
あったみたいですね。

有香さんと和也さんの間には
子供がいるといった情報は出ておらず
おそらくいないものと思われます。

となると浜田さんには
孫はいないということになりますね。

失明の危機から立ち上がり
現在の地位を築き上げた浜田さんのその生きざまは
見習うことが多くあるといえます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る