連勇太朗をwikiる!経歴やプロフ、読み方はどうなっているのか!モクチンレシピで日本をすくう

連勇太朗
スポンサーリンク

過去に人口増加に伴って
多くの家屋が建てられたりしましたが
しかし少子化などの影響で住む人がいなくなって空き家となる家が増えていき
それが犯罪に使われることもあって
社会問題になってしまったりしています。

そこに目をつけたのは
連勇太朗さんになります。

スポンサーリンク

出身地は神奈川県であり
生年月日は1987年8月17日となっています。

名前の読み方はかなりわかりにくいのですが
連勇太朗(むらじゆうたろう)と呼ぶらしいですね。

日本でめずらしい苗字らしく
おなじ苗字の方にであう確率は
かなりすくないことでしょう。

学歴は
神奈川県立多摩高等学校、慶應義塾大学環境情報学部卒業となり
その後は
2012年に慶應義塾大学大学院政策メディア研究科修士課程修了、
2015年慶應義塾大学大学院政策メディア研究科博士課程単位取得後に
退学なさっています。

なかなかな学歴でございますね。

今現在はNPO法人モクチン企画代表理事と
なっていますが

2009年4月には大学在学中であるのにもかかわらず
モクチン企画の前身のプロジェクトの
「木造賃貸アパート再生ワークショップ」を
たちあげることになります。

2011年に大学院在籍中にモクチンレシピをネットで公開することになり
2012年9月7日にNPO法人モクチン企画を設立して代表理事に就任しました。

2012年4月から2013年3月までは
慶應義塾大学大学院で助教授を務めることになり
多岐にわたって活動してました。

モクチン企画の場所は

〒144-0052 東京都大田区蒲田1-2-16 カマタクーチイチバン

となっています。

「モクチン」というのは
木造賃貸住宅を略して作られた造語であり

古い木造賃貸住宅を改造して
借り手がつくように改造していくためのものが
「モクチンレシピ」になります。

より安く改修しやすくするための
ローコストの部品を組み合わせるモクチンレシピにより
60種類もあるレシピを組み合わせることで

立派な住宅を作ることができるのですが
空き家は都会では結構見ることができるものであり

ぼろぼろになっていて
いまにもくずれて崩壊するんじゃないかと
思った記憶もあります。

家を壊すのにお金はかかり
もし取り壊すと土地の固定資産税があがったりして
政府も対策しようとしていたりしてますが

民間でもできることはこうやって見ると
結構あるんですね。

モクチン企画のやっていることは
都市部に集中している木賃アパートを

「社会的資源」として生かしていくことですので
モクチンレシピの公開はその一環となります。

今ではきれいな鉄筋のマンションなんかが増えていますが
そういった中でもモクチンを守っていくのは
日本の伝統?を守っていく
大切なことであると思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る