東京都議会議員選挙2017年中央区候補者と当選落選予想について

都議選2017年中央区当落予想

2017年の目玉の一つである
東京都議会議員選挙

首都の議員の選挙になるために
都内だけではなく全国から
注目を集めることになります。

ここでは中央区についてみていきたいと
思います。

画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)%E4%BD%8F%E5%B1%85%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E5%AF%BE%E7%85%A7%E5%9B%B33.png

定数

1

中央区は一人しか
当選することができません。

候補者

立石晴康(たていしはるやす)(75)現

長年自民党所属で活躍していましたが
そこを離れて無所属での
立候補になります。

そして新会派「都民塾の会」を発足
することになりました。

神谷俊宏(かみやとしひろ)(35)新

日本維新の会所属。
早稲田実業中学から大学まで
早稲田。
早稲田大学政治経済学部卒業。

㈱伊勢丹に入社し新宿店の婦人服担当を経て
2007年4月から東京都庁職員に。

石島秀起(いしじまひでき)(57)新

自民党所属で
明治学院大学法学部卒業。
シアトルで語学留学経験があり
会社勤務を経て
衆議院議員秘書となる。

細野真理(35)新

日本共産党所属。
生命保険会社勤務などを経て
2016年より日本共産党中央地区委員会に
勤務することに。

森山高至(もりやまたかし)(51)新

無所属。
一級建築士の資格を持ち
株式会社CRAの取締役でもある。

豊洲市場移転には反対の立場。

西郷あゆ美(32)新

都民ファーストの会後任。
夫が西郷隆盛の子孫という経歴がある。

当落予想

現職の立石さんが有利に思いますが
自民党を離れていて今までと立場が違います。
ここがどう影響するかですね。

西郷さんは新人ながら
都民ファーストの会公認となっていて
そこがどれだけ票数に影響するか・・・

石島さんは自民党所属で
そして秘書経験があり
バックアップが受けられるので
有利な面もありますが
自民党の支持は高いといえませんので
いろいろと響いてくるかもしれません。

立石さんが定数1をもぎ取るのではないかと
そんな風に感じます。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る