大島直也の今現在。嫁の実家や離婚理由や子供、母親の介護や借金について

大島直也
スポンサーリンク

元ドロンズというお笑いコンビを組んでいた
大島直也さん

コンビを解散した後は
一時期他の分野で大成功するものの
かなりの波乱万丈な人生を
歩んでいくことになりました。

スポンサーリンク

画像引用:http://take-it-ez.at.webry.info/200706/article_58.html

ドロンズといえば
ウッチャンナンチャンらが所属する
マセキ芸能社所属のお笑い芸人コンビでしたが
その事務所に所属している多くの方が
日本映画学校出身であったりします。

大島さんも例にもれず
俳優科を卒業しています。

1995年に石本武士さんと
「DRUG」のちに「D.R.U.G」を結成して
それがのちに「ドロンズ」となります。

進め!電波少年」に出演して
南北アメリカ縦断ヒッチハイクの旅」という企画に参加し
知名度を上げていくのですが
俳優になるという夢をあきらめきれずに
2003年3月にコンビを解散。

俳優になったあとはなかなか仕事がもらえず
極貧生活を送るという状態になってしまいますが

私生活でも不幸が重なり
飲食店を起業していくことを考えます。

バーを開くことを最初は考えたのですが
大阪で「鉄板鍋」という料理を食べて衝撃を受け
東京に無いこの料理をアレンジしたものを出す店を
開店しようと考えました。

修行をしたのちに
2006年8月、東京都の恵比寿に
ちりとり鍋 大島」を開店して
実業家としての道を歩んでいくことになります。

家族

大島さんの奥様となったのは
元タレントの武田夏葉子さんという方になります。

この武田さんは実はすごい名家のお嬢さまであり
初代日銀総裁である吉原重俊の玄孫になたる人だったりしますね。

三菱財閥創業者の岩崎弥太郎の妹の岩崎さきの系統にもなり
満鉄等の創立にも拘わった
荘田平五郎の玄孫という立場でもあります。

2008年5月18日に2人は結婚。

奥様は店の立ち上げに協力したり
お店の経理や広報、
大島さんの芸能のマネージャーをしたりと
陰から大島さんを支え続けてきた人でした。

2人の間には
2010年12月に長男が誕生。

しかし2014年11月22日に
離婚届を突き付けられることになってしまいます。

離婚原因はすれ違いであり
円満なものだという説明がありましたが
離婚した日が

いい夫婦の日

であるのを見ると
本当にそうなのかなって
思ったりしますね。

奥様やお子さんとは
今も顔をたまに合わせたりしているみたいですので
険悪な仲ではないと思うのですが・・・

離婚した後お店は
奥様に譲渡することになりましたが
店名は変わっていないそうです。

父と母

お父様は大島さんが俳優として
下積み生活をしている最中
脳腫瘍でお亡くなりになってしまいました。

お母さまは存命なのですが
なんと肺癌にかかってしまい
腰骨にも転移がある
ステージ4の末期癌というとんでもない状態に
なってしまっています。

車いすがないと日常生活を送れないということで
大島さんは介護に追われる日々をおくることになり
介護離職をせざるをえないことに。

介護のために仕事もできず
借金も多々あるといわれていますが
この借金は介護が原因なのかもしれません。

お店も手放しているので
これからの生活は本当に大変であると思います。

こういう境遇を見ていると
家族が健康でいることって
本当にすばらしいことなんだなって
改めて思ってしまいますね。

渡る世間は鬼ばかりの赤木春恵さんが介護を受けていた?
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る