町亞聖が母親の介護でうつに。創価学会と共産党の噂あり結婚はしたのか?

スポンサーリンク

もともとは日本テレビのアナウンサーとして活躍していて
今現在はフリーアナウンサーとして活動をしている
町亞聖さん。

そのうつくしさの裏では
病気になったお母様の介護など
かなり壮絶な過去があったりしました。

スポンサーリンク

出身地は埼玉県蕨市であり
生年月日は1971年8月3日となっています。

見た目はハーフに見えるのですが
両親は日本人。

実はお父様が与論島出身ということもあり
それが見た目にでてくることになりました。

名前も日本人っぽくないように見えるのですが
聖人に次ぐ第2の君子をあらわす言葉が亞聖であり
それを名前につけたんですね。

高校は浦和市立高等学校(現:さいたま市立浦和高等学校)を
卒業していますが受験生である3年生のときに
くも膜下出血でお母様が倒れて入院することになってしまい

その後は脳梗塞で体が不自由となってしまって
介護生活を余儀なくされてしまいます。

当時のお母様は40歳という若さであり
介護保険もつかえず家計に大打撃となってしまい
おとうさまも41歳の働き盛りで

仕事をしないといけないじょうたいでした。

そして弟と妹もいたことにより
亞聖さんが受験勉強と介護と兄弟の世話をしなければ
ならない状態になってしまいます。

お母様は病院で1年のリハビリを終えた後は
家に帰ってくることになりますが

ここからが家族は大変なことになりますね。

亞聖さんはこういう過酷な状況の中でも勉学をがんばり
一浪して立教大学文学部英米文学科という偏差値の高い大学に
合格して

その後はアナウンサーになることができました。
 
同期には下川美奈さんが
おられます。
 
下川美奈の離婚後の再婚相手は誰?子供やストーカー被害疑惑について
 
普通の女学生のような生活を送るということはできませんでしたが
そのときの経験は後の仕事でも生かされることになり

他人と差別化することに成功しています。

人生は何がいい方向に向かうか
わかりませんね。

ちなみに日本テレビに入社したあとは
アナウンサーからアシスタントプロデューサーに異動になって

精神的にやられて欝になったこともありました。
ここにもお母様の介護生活は関わっているでしょうが

その経験はのちに講演会をするのに役立ったりしています。

お母様の病気が彼女の人生を決定付けた
ところもあります。

うつになったことで
宗教に入信したという噂がでてくることになりますが
創価学会の噂を確定付けるものはぜんぜんありません。

そのほかには共産党に入信した噂がありますが
しんぶん赤旗日曜版で「リレーエッセー・風の色」を連載したことが
大きいかもしれません

共産党に関わっているという話は
間違いではないかもしれませんが
創価学会は違うとみていいのではないでしょうか。

社会的に弱い立場になった彼女には
共産党の考えは受け入れられるものだと思います。

町亞聖さんはいまでも独身で過ごしていて
結婚はしていないのですが

彼女ががんばって面倒をみていた妹さんは無事に結婚して
結婚式のときには感謝の言葉を送られることになります。

自身は結婚できなくても
妹さんが無事に結婚できたことには
亞聖さんの力があったからであるといえます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る