福田真嗣をwikiる!経歴や出身大学・高校。結婚して家族はつくったのか?

スポンサーリンク

農学博士という肩書きを聞くと
農業の発展に貢献する方であるという
イメージがわいてきますが

それ以外にも体の機能を助ける物質を
作ったりということもしていたりします。

福田真嗣さんはなんと排出物を利用して
体にいいものをつくる農学博士なんですね。

スポンサーリンク

出身地は茨城県であり
生年月日は1977年になります。

出身大学は明治大学となっており
高校についてはこれといった情報は出回っていませんが
出身地の茨城県内にある

偏差値の高い進学校になると
思います。

明治大学大学院農学研究科を卒業したあとは
理化学研究所に勤務することになりました。

小保方晴子さんと同僚と
なったんですね。

独立行政法人理化学研究所基礎科学特別研究員などの仕事をしてから
2012年慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授と
なることになりました。

2011年にビフィズス菌による腸管出血性大腸菌
O157:H7感染予防の分子機構を世界に先駆けて明らかにして

2013年に腸内細菌がつくる酪酸が制御性T細胞の分化を誘導して大腸炎を
抑制することを発見するという

快挙をなしとげてそれらのことは
学術雑誌で世界でも権威のある「Nature」誌に報告
されることとなります。

小保方さんは学会を追い出されることになりますが
福田さんは着々と実績をつみあげて

日本が誇る農業博士となっています。

腸内細菌を研究している福田さんは
学生のときからこの研究に没頭していて

フンをサンプルとしてあつめる必要があったために
犬の散歩をしていたりする方々に

「フンを分けてください」と
お願いしてまわっていたといいます。

いきなりなんだと思うかもしれませんが
理由はきちんと説明していたでしょうし

フンの始末の手間が省ける飼い主には
ありがたい存在だったかもしれません^^

今でもサンプルをもとめて行動しており
「便サンプル」を相撲部屋である大嶽部屋に
わけてもらったりもしているようです。

「茶色い宝石」とフンのことをよんでるようですが
この宝石は癌の治療に役立ったり新薬開発に使われたりするのですから
宝石とよんでもぜんぜんOKですね。

科学というのは夢のない職業のようにみえますが
フンからいろんなものがつくりだせるんですから
夢いっぱいの職業であるという
感じもしてしまいます^^

さて、このようにフンを集めて回る博士に
結婚した奥様がいるのかどうかは
気になるところであります。

結婚指輪なんかもつけていませんので
独身なのかなって感じはしますね。

職業のためにはずしているのかもしれませんが・・・

ビリヤードが趣味であったりして
女性受けはよさそうなのでえすが
研究の内容的に、避けられてしまったりも
してるのかもしれません^^

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る