野口みずきの現在!引退はリオ落選後とも。実家の両親は貧乏で結婚の夫はいるのか?

野口みずき

女子マラソンランナーとして長きにわたって
日本のマラソンを支えていらっしゃる
野口みずきさんですが

そろそろ引退の話というものも
でていらっしゃったりしています。

出身地は三重県伊勢市という
伊勢神宮のある神々しいところであり

生年月日は1978年7月3日となっています。

実家は貧乏であったらしくて
自転車も買ってもらえないくらいだったのですが
しかしながら

自分の足を使う機会が多くなることになり
それがマラソンランナーとしての才能を
開花させることになったといいます。

小谷里歩さんも実家が貧乏だった

教育格差は家の財政の格差であるとかいわれている昨今ですが
貧乏であればそれなりのメリットもあるという
ことでしょうか。

ほかにも幼い頃に両親が離婚して
実の父親と幼い頃にはなればなれになったり
旧姓が田中みずきだったのが野口みずきになったり

高校進学ができないくらいの状況だったりと
子供の頃はたくさんの苦労があったりします。

中学ではマラソンで好成績をのこしたために
経済的な事情で中卒となっていた兄と姉が
みずきさんのマラソンの強豪宇治山田商業への進学を
親に直訴したという話は
何度聞いても感動してしまいます。

宇治山田商業高校に進学した後は
インターハイ出場を果たして高校駅伝でも活躍し

卒業後はワコールに入社して実業団選手として活動していくことになります。

ただ陸上部の監督が会社と対立して退社したときは
自身もあとを追うことになり
失業保険で食いつなぐことになったといいます。

社会人となっても苦労はつづいていましたTOT

その後監督とグローバリーに入社することになり
ハーフマラソンの女王といわれるくらいまで
知名度を上げていくことになります。

2004年にはアテネオリンピックの女子マラソンに出場して
世界記録保持者のポーラ・ラドクリフ選手らを引き離し
金メダルを獲得。

北京五輪女子マラソンにも出場する予定でしたが
本番前に左足太股の肉離れが発覚して
出場辞退となりました。

その後はオリンピック出場を果たすことはなくなりましたが
リオデジャネイロオリンピックの挑戦はあきらめておらず

名古屋ウィメンズが最後のチャンスと定めているような発言をしていて
選考にえらばれなかった場合は引退すると
いわれています。

アラフォーとなれば走ること自体がたいへんですが
こういったあきらめない姿は
彼女を輝かせる要因となっているような
感じがします。

そんな彼女ですが結婚はしていないようであり
今現在も独身をつらぬいてるみたいですね。

実家ではいろいろとありましたし
マラソンにかける情熱もありまくっていることもあり
結婚にたいする意識はそれほどないのかも
しれません。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る