山高篤行をwikiる!経歴や出身高校、結婚した嫁や子供は?実家も小児外科医か。

山高篤行
スポンサーリンク

日本の医療は技術がすばらしく
それにくわえてお客様のことを大事にする精神が
さらにすばらしいのですが

小児外科となると大人である親と子供が相手となり
想像以上の大変さがあるかと思います。

山高篤行さんは体の弱い子供の命を
あたらしい方法で救うことができるということもあり
他の病院からさじを投げられた子供を救う
最後の砦として位置づけられていらっしゃいます。

スポンサーリンク

生年月日は1959年となり出身地は
神奈川県となっています。

大学は順天堂大学医学部を卒業していらっしゃいますが
ここには2浪してはいったといいます。

医学部は国立だったりすると4浪するとかいった話もありますので
2浪くらいだったらぜんぜんよいのではないかと
思いますね^^

高校は明らかになっていないのですが
聖光学院中学校・高等学校ではないかといわれています。

なぜかというと検索したらでてきたということに
なるのですが^^
おなじ神奈川県にある高校で中高一貫教育を行っている
偏差値の高い高校であり

出身者も社会的地位の高い方がそろっていたりして
可能性はあるかと思います。

wikiゆえに全出身者はのっていないのですが
卒業していてもおかしくはないかなと^^

大学時代はなんとラグビー部に所属しており
医学部の勉強以外に運動で汗をながしていたのですが

このラグビー部の監督にいわれたことで
「ラクビーも手術も追求する姿勢に妥協はない!」
というのがあり

この言葉をきいて小児科の医者としてやっていく
決意を固めたといいます。

卒業したあとの1985年6月から
順天堂大学医学部附属順天堂医院外科研修医となり

1987年6月から順天堂大学医学部附属順天堂医院小児外科助手
という立場になられて
その後留学することになります。

1994年7月から獨協医科大学医学部附属病院小児外科助手となり
1995年7月からは
順天堂大学小児外科臨床講師も受け持つことになります。

再び留学し
1997年1月から順天堂大学医学部小児外科講座講師となり
1999年1月に小児外科の助教授に。

そして
2001年4月から信州大学医学部委嘱講師
2006年8月から順天堂大学医学部小児外科主任教授
2012年12月から東京医科大学 消化器・小児外科学分野兼任教授という
3つの肩書きをもつようになりました。

留学はここに記載した以外にもしており
そして持っている資格は10以上あったりして

医者の中の医者という感じが
みちあふれています。

山高さんは新生児の手術といったものを
得意としていますが

大人と違って体力はそれほどなく
小さい内臓といったものを治療する必要があるために

普通の医者ではなかなか手術しにくいものを
やってのけたりします。

内視鏡を使う際にも体に負担のないものをつかって
根気強くやるために

頭がいいだけでなく精神力もないと
勤まらない仕事だといえますね。

そういう手術を行ってきて
1万人以上を救ってきた山高さんは
日本の将来に貢献しているとも言えそうです。

ちなみにご実家のお父様は開業医をしていて
医者の息子のよくある進路である医者を選んだ
形となりました。

神奈川県には
ファミリークリニック山髙医院
(神奈川県横浜市磯子区岡村1ー1ー21)
というものがあり

ここがご実家であるんじゃないかと
考えられますね。

山高さんは苗字は本当は山髙さんといい
この病院の関係者である可能性は高いです。

ファミリークリニックということもあり
小児科というものももちろんあったと思います。

お父様は年齢的には一線は退いているかもしれませんが
兄弟とかが後をついでるかもしれません。

あと、結婚しているのかどうかも気になるところですが
年齢的にはしていてもおかしくはなさそうですね。

プライバシーをほとんど公表していないために
家族についてはわからないことも多いのですが
していると信じたいところです^^

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る