園田マイコをwikiる。離婚した夫や子供。乳がんを克服

シングルマザーとして子供を育てながら
仕事をがんばる女性がたくさんおられて
その生き様は感動させられることがおおいのですが
モデル活動をしておられる園田マイコさん
離婚して息子さんを立派に育てたすばらしい方です。

しかも病気にまでかかってしまったなかで
親としてがんばっていたのですから
その苦労というのは常人の想像を超えるものであったでしょう。

東京都で1969年に生まれ育つことになり
高校を卒業した後からモデルとして
活動をしていくことになりました。

身長は175cmとモデルとしては十分な長身をもち
オスカープロモーションに所属して
光文社「HERS」、マガジンハウス「クロワッサン」といった
主婦層にむけた雑誌に数多く出演をしていらっしゃいます。

病気に

2008年に乳がんが発見されたのですが
そのときは39歳でした。

左胸に2㎝のがんが見つかって
最初は良性だとおもわれるということを聞いていたのですが
後に悪性であることが判明。

ほっとしていたときに悪性といわれて
亡くなる恐怖や胸がなくなるといった恐怖に
おびえることになります。

息子さんは当時は中学2年生というときで
自分がなくなれば子供はどうなってしまうのかという
おそれといったものもあったでしょう。

そんなときに支えてくれたのが
息子さんと離婚しただんなさんであったといいます。

聖路加国際病院で治療を行い
抗がん剤といったものを使って副作用にも悩まされることになっていきましたが
家族の支えが合ったことで無事に5年にも及ぶ
闘病生活をのりきることができるように
なっていきました。

こういうときすでに別れてしまった旦那さんは
あまりかかわりたくないと普通ならおもってしまうでしょうが
2人の子供である息子さんが一緒に支えようと提案したことで
旦那さんも決意を固めることになったのでしょう。

園田さんもがんになったことは
所属事務所と元旦那さんに伝えることにしていたために
別れていてもそれほど仲はわるくなかったのかなって
おもいますが、子供の今後を考えて
あえて元夫に連絡をしたのかもしれません。

このあたりはまあデリケートなところですが。

治療中には副作用で髪の毛も抜けてしまうことになったのですが
家族だけではなくて周りでがんにかかりながらも
日々を楽しく暮らす人がいらっしゃったことも
生きるための活力になったところもあるといいます。

そういう中でふさぎこんでいたら
自分が小さく見えてしまいますから
自然と元気になっていくのかもしれませんね。

息子さんは今は成人して役者を目指している
イケメンであると話題になっていますが
性格的にも申し分ありませんので
いつかはドラマに出演ということもあるのでしょうか。

生稲晃子さんは乳がんにかかっていた!

園田さんは今は
「環境セラピー・ジュニアセラピスト」
「ビューティーライフ・セラピスト」
といった資格を取得して
仕事の幅を広げていらっしゃいます。

自身の病気がそれらの資格に対する興味となったのですが
災い転じて福となすのいい例であるんじゃないかと
そう考えてしまいます。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る