ヨネスケの熟年離婚した嫁や子供、孫。父や母。死去したと話題になる。

ヨネスケ

大人気コーナーであった
隣の晩御飯で名前が知られている
ヨネスケさんでありますが

びっくりすることに
熟年離婚をしていたりしていました。

家族でもいろいろと複雑な状態で
壮絶な過去を送っていたんですね。

生年月日は1948年4月15日であり
出身地は千葉県市原市になっています。

本名は小野五六(おのごろう)という
結構普通の名前であったりします^^

最終学歴は
千葉県立市原高等学校八幡分校(現:千葉県立京葉高等学校)
卒業となっており

その後は4代目桂米丸さんの弟子になることになりました。

師匠から直接稽古を見てもらうということはなくて
今は笑点の司会をしていらっしゃる

兄弟子であった桂歌丸さんから稽古をつけてもらうことになり
笑点でも座布団運び役として出演をしていたりもしています。

1971年4月には二つ目昇進をはたし1981年10月には真打昇進を果たすことになり
落語家としての地位を確立することになりましたね。

晩御飯については「ルックルックこんにちは」のコーナーとして
1985年から2001年3月に行うことになるのですが
番組が終了したあとも人気コーナーであった

突撃!隣の晩ごはん」は名前を変えて別番組でも続くことになっていき
のちには「突撃!隣の昼ごはん」となっていたりもします。

家族

ヨネスケさんの家庭はかなり複雑な
状態になっています。

兄と姉2人の4人兄弟の末っ子となっているのですが
兄とヨネスケさんは同じ父親であり

お姉さまはそれぞれ父親が違っていたりします。

ヨネスケさんにとってのお父様は
3人いることになりますね。

実のお父様は別の家庭を持っていて
お母様は妾という立場にあります。

お父様が56歳のときにヨネスケさんはうまれていて
本名も別に持っている家庭も知らない状態であり

家にいるときは寡黙であり
お母様はお父様がいるときは少女のように喜んでいたとも
いっています。

おそらくお父様は社会的にかなり高い地位にいる人であり
それゆえにいくつも家庭を持てていたのかも知れません。

ただお父様は生活費を入れるということはせずに
家計は苦しかったそうです。

このあたりのことは両親が話し合って
決めたのかもしれませんね。

そんなヨネスケさんは7歳年下で当時高校2年生だった奥様と
交際することになりますが

二つ目昇進を果たして住み込みの師匠の家から
出たばかりのころでした。

相手の両親は結婚には大反対であったこともあり
駆け落ち同然で同棲してそのまま結婚となりました。

2人の間には息子が2人と娘が一人生まれることになり
晩御飯のコーナーで生活基盤もしっかりできたのですが

家にはあまりあけらずに女性遊びをしていたりもしてたために
家庭を顧みることはあまりなかったそうです。

これはご自身の子供の頃の家庭環境も影響しており
子供達との接し方がわからなかったことも
あったみたいですね。

晩御飯コーナーをしていた晩年は別居状態にあって
コーナーが終了したあとに離婚を公表することになりました。

熟年離婚となったときは
マンションなどは奥様にお譲りになって

けじめをしっかりとつけているところは
さすがであります。

年齢的には孫ができていてもおかしくありませんが
いまのところはそういう話は出ていなかったりします。

親権は奥様にありますので
お孫さんがいても会える機会はそれほどないかもしれませんし
うまく接することもできないかもしれませんね。

亡くなった疑惑

隣の晩御飯のコーナーの認知度はかなり高いこともあり
終わってしまったあとは
ヨネスケさんをテレビで見る機会もへったこともあって

お亡くなりになったと思った人も
いらっしゃった幹事があります。

離婚も発表されたので
その噂を信じる人はさらに増えたことでしょう。

もちろん今も存命中であり
元気にやっていらっしゃっています。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

    • 煒筌
    • 2018年 4月 27日

    ヨネスケは、最低な人格者 
    娘がセクハラにあっても
    犯人養護するだろうな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る