野村貴仁元巨人選手の今現在の姿!若い頃と比較!家はゴミ屋敷で家族はいない

野村貴仁1

プロ野球の世界でちょっとでも活躍すれば
それはもう一生の財産になり
ジャイアンツともなればなおさらなのですが

しかしそこから転落してしまった
野村貴仁さんの今の姿があまりにもやばいと話題になっていて

どうしてここまでと思って
しまったりもしてしまいます。

若い頃と比較して
どこまで転落してしまったのかを
記事にします。

野村さんは生年月日が1969年1月10日で高知県出身と
なっています。

高知県立高岡高校宇佐分校を卒業後は
三菱重工三原に入社して社会人選手として活躍し

1990年度プロ野球ドラフト会議で
オリックスブルーウェーブから3位指名を受けて
晴れてプロ野球選手となりました。

プロの選手ともなると
身長は180cmくらいはほしいところですが

しかし野村さんは170cm75kgという
小柄な体格でありながら

球速が150km近くあるという
超本格派の投手でありました。

1993年には史上2人目となる1イニング4奪三振を記録するのですが
アウト3つで交代でありながら
この記録はどういうことかと思うかもしれません。

ただ、暴投やキャッチャーの捕球ミスなどで振り逃げとなり
打者が1塁までいってアウトにならなかったときは
三振が記録されるもののアウト数は増えないことになるために

4奪三振は可能となります。

1995年は37試合に登板し防御率0.98を記録して
リーグ優勝に貢献しますが

自身の掲げる報酬と球団の提示した報酬と折り合うことができずに
パシフィック・リーグ初の参稼報酬調停をしています。

自分の提示した金額どおりになるのが
妥当だろうと訴えて
認められたらそれだけもらえるという制度ですが

2016年時点で7選手しかやっていないものであり
自分の成績にかなり自身を持っていたということが
伺えるものになります。

翌年もリーグ優勝して
日本シリーズでは松井秀喜選手を翻弄するピッチングで
日本一をもぎ取ることに貢献しました。

野村貴仁1

その後は
読売ジャイアンツ
ミルウォーキー・ブルワーズ
日本ハムファイターズ
誠泰コブラズ

と日本球界や海外のチームを渡り歩いていますが
ジャイアンツに在籍したときに清原和博選手に
薬物を渡したとされていますね。

巨人の選手として活動していたときは
抑えとして期待されていたのに

成績を残せずに中継ぎになるということもあり
この頃から精神的にぐらついてきて

しまったのだと想像できます。

逮捕されて

引退した後は地元の高知県に帰ることになるのですが
2006年10月31日、高知市内で覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕
されるということになってしまいました。

プロを引退した後は
解説者やコーチ、タレントなどといった

第二の人生を歩むというのが王道ではありますが
すべての人がそうなれるわけではなくて

野村さんは引退後の仕事とかはっきりしませんが
あまりいい生活は出来なかったのでしょう。

懲役1年6月執行猶予3年の実行判決をうけて
その後は社会復帰もできずに
引きこもりみたいになっていたかもしれません。

野村貴仁

野村貴仁2

野村貴仁3

これらはテレビ取材で映し出されたものですが
ホームレスとかわらない状態ですね。

野村貴仁4

そしてこれは部屋をうつしたものですが
ゴミ屋敷となっています。

生活保護かなにかなのでしょうが
ゴミを捨てに外にでるといったことも
なかなかできないくらいにまで

なっているかもしれません。

前科があると周りは受け入れてくれないところもあり
そして引きこもりも加速してしまうと
いうことでしょう。

オリックスのときに野村さんのファンになった人からみたら
目を覆いたくなるような現状なんじゃないでしょうか。

野村貴仁5

これはヒゲを剃っていて外に出て取材を受けたときの
画像になります。

仙人みたいな外見からは
また違う感じになりましたが

若い頃の画像とくらべると
劣化しすぎだろって思ってしまいます。

歯がガタガタで年齢よりも
老けている感じがします。

取材で人と話したことで
心境に変化があり、身だしなみも考えるように
なったのかもしれません。

しかし完全なる復帰は
まだまだ先かもしれませんね。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る