絹川麗と森田悟の結婚の馴れ初め。スキャンダルや乱闘で怪我し重傷にもなっていた

絹川麗
スポンサーリンク

お笑いコンビのスパローズの突っ込み担当である
森田悟さんが結婚したことが
報道されることになりましたが

そのお相手となったのが
絹川麗さんになります。

レースクイーンなんかの活動もしていたことのある
彼女はある番組にも出演していたりと
結構すごい方でありました。

スポンサーリンク

画像引用:http://xn--58ja4ob.xyz/%E8%8A%B8%E8%83%BD/%E7%B5%B9%E5%B7%9D%E9%BA%97/1215.html
http://hot-fashion.click/2016/02/16/post-4649/

生年月日は10月15日と公表されていますが
年については明らかにされていません。

とはいっても1984年と記載してあるサイトも
あったりしますね。

隠したいのか公表したいのか
わからなかったりします^^

出身地は神奈川県になりますが
学歴といったものはwikiにのっていませんね。

2004年から日本テレビの恋のから騒ぎ11期生となり
出演しています。

絹川麗 から騒ぎ

わかわかしくて美しい画像になります。

カラオケ店勤務となっていますが
フリーターや正社員をしていたのでしょうか?

タレントの卵をやっていたけど
あえてカラオケ店員としていたのかも
しれませんね。

出演自体はそれほどは
なかったようです。

翌年からはFK massimoレースクイーンとなり
2006年にはオートサロンイメージガール「A-class」の
メンバーになるなどしておられます。

モデル系の活動もしていたのですが
女優としてもミュージカルに出演したりと

舞台で活躍していました。

スキャンダル

から騒ぎに出演していた頃になるのですが
元彼なのかわかりませんが

男性とのプライベート画像が携帯から
流出したことがありました。

その出回ったものは今では確認することは出来ないのですが
当時はから騒ぎでなく大騒ぎになったとも

言われています。

場合によっては男性とのツーショットだけでも
騒がれることになってしまいますが

夜の写真ともなってしまったら
スキャンダルになってしまうのは

当然かもしれませんね。
 
お笑い芸人 2丁拳銃の小堀裕之さんの嫁小堀真弓さんについて
 

乱闘

2008年7月から「THE OUTSIDER」のラウンドガールを
務めることになります。

これは前田日明さんがプロデューサーを勤めるアマチュアとセミプロの大会であり
「不良」になってしまった若者に格闘技を通じた更生の道を用意するという

狙いのあるものになります。

なかなかいいものであると思いますが
不良の集まりということもあり

トラブルになるということも
あったりしますが、それに巻き込まれることになってしまうんですね。

2014年4月6日試合後の乱闘に巻き込まれ重傷となりますが

流れとしては

「横濱義道会初代総長 濱の狂犬」黒石高大選手

「群馬 萩原イズム継承」奥木貴之選手が戦い

奥木選手のパンチで脳震盪で黒石選手がダウンし
10カウントで奥木選手が勝利!

勝利者は賞をもらうことになるのですが
それを渡すのが絹川さんの役目でした。

しかし黒石選手のサポーター達が乱入して乱闘となって
そして重傷を負ってしまうことになります。

椅子をなげいれてそれがあたったり
したようですね。

大会が大会であり選手達が悪いわけではありませんが
こういうことがあると大会に傷もつくので

周りの人間も考えないといけませんね。

絹川さんはこの事件が原因で降板することになり
しばらく芸能活動も休止しますが

2015年には見事に復帰することになります。

馴れ初め

スパローズの森田悟さんは
もともとは吉本福岡事務所で活動して

状況後はナベプロを経て浅井企画所属の芸人と
なりました。

芸歴は20年以上になるのですが
なかなか売れずにここまできてしまいました。

絹川さんと森田さんは仕事を通じて出会うことになり
森田さんから絹川さんに告白したといいます。

2016年で交際5年目となり
2年前からは同棲生活も開始することになるのですが

「人生最大のサプライズ プロポーズ大作戦!」の企画にのり
下北沢の劇場でプロポーズとなり

見事に結婚が決まります。

芸人は劇場が活動の場となることもあり
舞台でのプロポーズを選ぶことになりました。

絹川さんも舞台で活動していたりしますので
なかなかいい告白であるといえます。

庶民からしたら人がいるなかで
プロポーズされたら断れないじゃないかと

思ったりもしますが^^

芸能人同士だったら
こんな素敵なこともないでしょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る