中井美穂が闘病で人工肛門を!病気は腸関係で病名は腹膜炎

中井美穂
スポンサーリンク

フリーアナウンサーの中井美穂さんは
局アナから結婚を機にフリーとなってからは
家庭のこともこなすために

テレビ出演は減っていくことになりましたが
そんな最中、なんと腸の病気になって
人工肛門をつけながら仕事をすることに
なったといいます。

世界陸上といった番組に出演していたときも
人工肛門をつけて仕事をしていたといいますが

そういうところをまったく感じさせないのは
さすがプロのアナウンサーであるといえます。

スポンサーリンク

画像引用:http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/15/miho-nakai–artificial-anus_n_9234314.html

中井美穂さんの子宮筋腫について

腸の病気

若年性更年期障害にかかった川村ひかるさんについて

2002年8月に子宮筋腫のために摘出手術をおこなったことは
よく知られていますが

その翌年である2003年には腹膜炎という病気に
かかってしまうことになります。

子供を生むことができなくなってすぐに
また病気になってしまうなんて
災難過ぎるところがあります。

この病気を治療するためには
腸の患部を切って再びつなげる必要が出てくるのですが

その一環としてストーマといわれる人工肛門
1年間つけることになってしまいました。

自分の腸を直接おなかの外に出して排出物を
出せるようにするものになりますが

これを聞くとなんとおぞましいものか、
つけたくはないなと思ってしまいます。

腸が外に出ているのであると
物に触れたりしたらとんでもなく痛そうですね。

実際にはそういうことはないみたいなのですが
しかし女性の身であったならば

屈辱的な感じもしてしまうものです。

ストーマは粘膜であり
器具ではないみたいですので

実際のイメージとは違うところが
ありますね。

病気になっていたのは
仕事を抑えた時でしたので

ある意味運がよかったというような
そんな気分にもなります。

最盛期にこの病気にかかっていたら
週刊誌のかっこうの餌食になっていて

精神的にきついことにもなったでしょう。

出産をあきらめたあとでしたので
メディアにあまりでてなくてよかったと思います。

ちなみに子宮筋腫が悪化したときに
腹膜炎になったりすると

いわれていますが
そういう話を聞くと

子宮の手術は
だめだったんじゃないかと

そうイメージしてしまいますが

これは不幸な偶然だったとみて
いいかと思います。

徹子の部屋でこの病気であったことが
語られることになりますが

それだけ精神的に回復している
ということになるのでしょう。
 
難病・奇病にかかった芸能人ら有名人たち!
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る