木村拓也の突然逝去に薬物!?嫁や子供、父親は?巨人コーチや広島カープ、日本ハムに在籍した野球選手

木村拓也 プロ野球選手
スポンサーリンク

キムタクと聞いてイメージするのは
SMAPの木村拓哉さんだというのが一般人であるかと思いますが

野球が好きな方ですと
今は亡くなってしまった元読売ジャイアンツコーチの
木村拓也さんになるかと思います。

病気で突然倒れてしまい
そのまま亡くなったのは
かなり衝撃的でありました。

スポンサーリンク


 
脳腫瘍から復活した盛田幸妃選手について

生年月日は1972年4月15日であり
出身地は宮崎県宮崎郡田野町(現:宮崎市)になります。

高校は地元の有名な県立高校である
宮崎県立宮崎南高等学校に進学して

強肩捕手として知られるようになり
遠投120メートルを記録していたりしました。

1年夏の甲子園(70回大会)で1勝して
3年春には5打席連続三塁打、高校通算35本塁打の記録を打ち立てて

ドラフト外でありながらも
高卒で日本ハムファイターズに入団することになります。

高卒ルーキーとしてはすぐに芽が出ることはなく
開幕時の支配下登録の当時の60人枠から漏れてしまって
任意引退選手扱いとなったりしていますね。

また捕手として入団したのですが
1992年に外野手に転向することになります。

俊足と強肩を買われての転向でしたが
キャッチャーというやりがいのあるポジションから

外野手になったときには
どのようにおもったのでしょうか。

その後広島東洋カープにトレードで長冨浩志投手といれかわりで
在籍することになり2塁手を務めることになります。

1997年には秋季キャンプから故障がちな野村謙二郎選手の控えとして
遊撃手を任されることもあったりしましたが

そのころからは代打の切り札として盗塁14個記録したりと
スーパーサブとして活躍することになります。

そして高校時代に務めていた捕手も任される機会もでてきて
ユーティリティープレイヤーとなって投手・一塁手以外の全ポジションを守ることに
なりました。

2000年には1番で規定打者となり
打率2割8分8厘、10本塁打、30打点、165安打の記録を残して

一躍なくてはならない存在となっていきます。

10年目に大ブレイクということになるのですが
お笑い芸人みたいな出世の仕方ですね。

多くの選手はこの頃にはくだりがちになってきたりしますが
キムタクさんはその逆をいくことになります。

しかし2002年以降は調子があがらず
出番を求めてトレードを志願することになりますが

なぜかジャイアンツという有力選手がたくさんいるところに
トレードされてしまいました。

これまでかと思ったのですが
他の選手が故障したりしたことで出番に恵まれることになり

特に守備の面で活躍して
2007年シーズン終了後に年俸6500万円で更改することになり

ご自身の最高年棒に到達したことで
さらに注目されることになりました。

2009年を最後に引退することになるのですが
しかしこの年も不調な時期がありながらも
まずまずの活躍をしていただけに

周囲を驚かすことになってしまいます。

家族

木村さんのお父様はプロ野球選手ではありませんが
かなりすごい人だったりします。

なんと旧:田野町の町議会議員を長く務めている
地元の名士であったりするんですね。

この町は今は市町村合併でなくなってしまっていて
残っていたホームページなんかをみても

名前は載っていませんでした。

議員を引退して長い年月がたっていたのでしょう。

木村さんの奥様の木村由美子さんは一般人の方であり
野球選手によくありがちなアナウンサーといったことは

ありませんでした。

ブレイクするまでかなり年月をかけることになりましたので
女子アナと知り合う機会には

あまり恵まれなかったのかもしれません。

しかし相手はかなりきれいな方ですので
奥様もある意味木村さんと結婚して

大ブレイクしたんじゃないかとも思えます^^

お子さんは3人いらっしゃって
息子さんが2人に娘さんが一人という内容になりますが

テレビに家族が出演したりしていた姿を見たときには
これでもかというくらいに幸せがにじみ出ていて

うらやましゅうございました。

しかし、家族に悲劇が訪れてしまいます。

クモ膜下出血

引退したあとは翌年読売ジャイアンツのコーチとして
活動することになりました。

若い選手に出番を与えるために引退したと発表しており
ご自身も苦しい時代を長くすごしていたために

こんなに選手のことを考えられるであろう
木村さんがコーチになることで

ジャイアンツはとてつもなく強くなるんじゃないかと
期待もされていましたね。

しかし最後は突然やってきてしまいます。

コーチとなったばかりである
4月2日の17時40分頃に突然倒れてしまいます。

その模様は
テレビでも放送されました。

普通は倒れたところを放送するということは
ありませんが

倒れたときというのがMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で対広島東洋カープ1回戦の試合前であり
シートノック中に意識いきなり失うことになったからです。

試合前の様子を収録するということはよくあり
収録中にたおれたために放送されることになったんですね。

関係者や両チームの選手や救急隊の手でAEDで蘇生処置を受けた後に広島大学病院に緊急搬送されますが
すでにレベル5の最悪の状態だったと清武英利球団代表がのちにかたります。

クモ膜下出血と診断され意識がもどることなく
37歳という若さでお亡くなりになってしまいます。

お子様たちはまだまだ幼く
これからだというときに大黒柱がなくなったことで

奥様も大変であったと思います。

奥様はその後
一生懸命 木村拓也 決してあなたを忘れない」という
本を出版することになります。

お子さんを守るための金稼ぎであるとかいわれていたりもしましたが
しかし本の内容は感動するものであり

多くの方から評判となりました。

薬物は関係していたのか?

元プロ野球選手である清原和博さんが逮捕されることになり
野球界の闇というものが取りざたされていますが

そのせいか木村さんももしかしたらやっているのではないかと
思われているところもあります。

野村貴仁さんが清原さんに巨人時代に渡していたともいわれていて
おなじ元ジャイアンツである木村さんにも

疑いの目をむける人がいるみたいですね。

野村貴仁さんの今がやばすぎると話題に!

ただ、一言いっておきたいのは
木村さんがジャイアンツに在籍していた時期が
2006年から2009年であり

清原さんが1997年から2005年、野村さんが1998年から2001年であり

木村さんとあとの2人はかぶっていません。

3人がぐるということは
考えにくいですね。

仮に巨人じたいがお薬が出回っている球団であったとしても
木村さんがなくなったときに

そういうものも調べられるので
やっていたということはまずないでしょう。

薬のために病気になったということは
とても考えられないということであると
いうことです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る