深澤敏夫をwikiる!経歴や年収。江戸やすり職人として

深澤敏夫

何かものをつくるときに
やすりというもののお世話になったりしますが

そのやすりは多くの人が
ホームセンターなんかの既製品を購入するかとおもいます。

しかしこだわる人は
オーダーメイドの自分にあったやすりを
使うことになりますが

江戸やすりというものを作る職人をしていらっしゃるのが
深澤敏夫さんになります。

生年月日は1941年10月3日になり
出身地は東京都になります。

お父様もやすりをつくっていた職人であり
中学卒業と同時に

やすり職人のお仕事を手伝うように
なりました。

お父様は2代目であったのですが
日本は戦争をしていた時期であり

お父様にすでに弟子入りしていた
兄弟子から技術を得ることになります。

ただ教えてもらうだけでなく
難易度の高い技術に挑戦していき

それによって体で覚えていき
独自の手法を確立していくことになりました。

いまでは日本でやすりをつくる人は
10人程度しかいない厳しい状況であり

そのなかでお客様の要望にあわせて
あらゆるやすりをつくることができるのは

彼しかいないといいます。

やすりを作る時に使うタガネを作れるようになるだけでも
10年はかかるといわれている世界であり

しかも後継者がいない状態であるために
下手をすると深沢さんが最後のやすり職人となってしまうんじゃないかという

危機的な状況であります。

そんなこともあって
後の世までのこるようなやすりをつくることを
心がけて日々作業をなさっているといいますが

とにもかくにも後継者がでてくるように
祈りたいところですね。

年収

職人の世界は
歩合制といってもいいくらいの状況であり

収入を計算するのは
とてもむずかしいところですね。

なかには食べていけずに
バイトしながら職人をしている人も
いたりします。

深沢さんは唯一無二の技術をもっているという
強みはあるものの

オーダーメイドのやすりを使う人もあまりいませんので
何千万とかいった収入を得ているとは

考えにくいですね。

やすりは350円から受けているといい、
時間もかかりますから

400万円くらいになっちゃうんじゃないかと
かんがえられます。

ホームページも持っていて
全国から注文はくるのでしょうが

かといって大もうけできるということも
ないんじゃないかと思えます。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る