泉アキの夫は桂菊丸で娘や義兄、姑大塚稲子らすごい人!乳がんの闘病も孫まででき。

泉アキ
スポンサーリンク

「独占!女の60分」というのを子供の頃に
みていたことがあり
土曜日に学校からかえると

これをみるのは日課となっていました。

泉♡アキさんもこれに出演していたりしたと聞いたときは
びっくりしましたね。

私が見ていたときはすでに降板していたみたいですが
その後彼女は義母、姑との戦いで
ワイドショーを騒がせたりしました。

スポンサーリンク

家族

旦那さんは桂菊丸さんといって
名前からもわかるように落語家をしていた人です。

とはいっても落語だけでなく漫才もしていたために
日本芸術協会を脱退させられるという憂き目にあって

落語家は廃業して漫才コンビも解散し
タレントとして活動をしていくことになりました。

2人が結婚したのは
1972年であり泉さんがわずか22歳のときでした。

年齢差は8歳ですね。

2人の間には
2人の娘さんが誕生することになります。

長女のANNAさんは1975年9月22日生まれであり
ラジオパーソナリティやナレーターとして

活動していらっしゃいます。

実は歌手としても活動していたときもあり
1996年6月12日にシングルCD「Heart to you〜夜が終わる前に〜」を
リリースしていますね。

2007年と2008年には娘さんを出産して2女の母親となり
桂さんと泉さんにとっては孫となります。

次女の大塚安里さんは1979年11月30日に生まれていて
クニミツの政」といったドラマに出演するなど
タレント活動をしていました。

アミューズに所属していたようですが
今現在はプロフィールが削除されており
2005年以降は活動もなさった形跡がありませんから

寿退社をしたか廃業して
普通の仕事をしていらっしゃるんじゃないかと

思います。

義理のお兄さん、桂さんの実のお兄様ですが
桂高丸という落語家をしていらっしゃったことがあって
今は演芸作家の日高はじめとして

活動をなさっているようです。

さて、泉さんとの関係で一番注目したいのが
桂さんのお母様であり泉さんにとっては姑となる

大塚稲子さんでしょう。

大塚さんは今は湯河原の高齢者向け住宅にすんでいらっしゃって
2016年時点で103歳になるご長寿です。

この大塚さんとは世間を騒がす
嫁姑問題に発展することになります。

まず大塚さんが1992年に暴露本「天に代わりて嫁を討つ」を出版して
大騒ぎになりました。

そして泉さんも「おごる姑は久しからず」を出版して
反論。

この流れをみると
とんでもない仁義なき抗争にみえるかもしれませんが
しかしそうでもないんですね。

泉さんがとついで大塚環となってから
姑と30年以上同居することになりますが

稲子さんは69歳で50CCのバイクの免許を取得、
78歳のときにスキューバダイビングを始めて88歳まで潜るという
つわものであり

泉さんもスキューバダイビングや自動車レースなど積極的にとりくんで
FIA国際ライセンスを取得して1984年には

第32回サファリラリーに高岡祥郎さんとともにスバルチームで出場し

日本人女性としては初めてのアフリカのサファリラリー挑戦して
16位完走をはたすなど

とてつもないパワフルな面を見せています。

お互いに、女性や年齢を感じさせないくらいに
行動力があり

よきライバル関係にあったといえます。

それゆえに衝突することも大きかったのでしょう。

泉さんはけっこうな壮絶過去を送っており
父親がインド系アメリカ人でアメリカ軍属の人で母親が日本人のハーフであり

父の顔を知らずに育ちって母が再婚したあとは
義理父からの虐待をうけて養子に出されるという

不遇な子供時代を送りました。

まともな子供時代をすごすことができずに
親との接し方もよくわからないまま大人になり

そして若くして結婚してますから
姑との接し方も親子というようには

いかないところもあるのでしょう。

ちなみに姑さんは桂さんの妹さんのところに
1年間ほど預けられたことがあり

実の親子であることもあって大事にされたために
足腰がよわくなって自分であるけなくなったりしたことも

ありました。

旦那さんは千葉県市川市にあった自宅をバリアフリーにしようかとも
考えたらしいのですが

泉さんはそういった意見に反対して
もともと行動力のあった姑さんをあおることで

リハビリをしっかりとさせて
そしてまた復活させたといいます。

どんなに相手が弱っても、心を鬼にして接することで
闘争心に火をつけたんでしょうね。

相手の性格を知ってるが故の
荒療治であるともいえます。

世間からみたら虐待にみえるかもしれませんが
姑さんにとってはそれくらいが効果的であるということも
あるんですね。

がん

乳がんにかかって手術した生稲晃子さんについて

1997年に左胸にしこりをかんじることになり
医者から乳がんと宣告されることになります。

国立熱海病院(現:国立病院機構静岡医療センター)
で乳房の4分の1を切り取る手術を受けることになりました。

しかし退院後の約3カ月後の1998年3月には旦那さんとハワイマウイマラソンに出場して
42.195キロを8時間39分で完走するという快挙を成し遂げてしまいます。

しかし2006年に右乳房にがんが再発してしまい乳房温存手術を受けて
抗ガン剤治療(AC療法)や放射線治療受けることになり現在も治療中という
状態になっています。

しかしながら今もお元気すぎていて
神奈川と静岡の県境近くの熱海の山里で

夫婦で協力しながら田舎暮らしを
なさっています。

がんはおそろしい病気ですが
お友達のようにつきあっていけば
なんとかなるんですね。

でもかかりたくはありません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る