川野太郎の嫁珠美が子宮頸がんで子供と闘病介護!離婚や在日韓国人疑惑が。

川野太郎
スポンサーリンク

キッズ・ウォーのお父さん役のイメージが強い
川野太郎さん

ドラマの中では再婚したりリストラされたり
波乱万丈な人生を歩んでいましたが
私生活でもなかなか大変な目に
あわれていたようです。

スポンサーリンク

奥様の闘病生活

2010年くらいのことになりますが
妻である珠美さんが子宮頸がんと診断されて
ステージ4というかなり危ない状態にまできていたことを

川野さんが告白していました。

ステージ4までいくと
5年生存率は20%とかなりひくくなり
5人に一人しか生き残ることはできないと

いうことになってしまいますね。

中畑清さんは奥様を子宮頸がんで亡くしていた

川野さんの出演作品をみてみますと
2010年以降も仕事はしているのですが

それ以前と比べると少なめになっています。

仕事を抑えて
奥様の介護に時間を割いていたんですね。

お子さんも2人いらっしゃるのですが
子供達もお母様の介護のために

がんばっていたといいます。

家族の協力があったことにより
奥様は病気が宣告されてから5年がたった今現在も

ご健在であります。

見事に5年生存率20%で
5人のうちの1人にはいることに
成功したんですね。

かといってまだまだ油断はできないのですが
これからはがんとうまく付き合いながら
家族楽しく生きていくことであると
思います。

そんな仲睦ましい夫婦にも
離婚のうわさなんかがあったりもしました。

川野さんは早稲田大学卒業という
博学でもありますが

子供の頃に両親が離婚していて
性格的にまがってしまったところもあったそうで

大人になってからも浮気をしたり
素行不良なところもあったそうです。

そういう川野さんを支えたのが
珠美さんであり

9年間の交際期間のなかで
川野さんにとってはなくてはならない存在となっていきました。

結婚して2016年で25年の銀婚式を迎えることになり
この夫婦の間には離婚という二文字は

決して割ってはいることはできないと
いえますね。

そのあたりの夫婦とは
絆のつながりの太さがぜんぜん違います。

昔は昔、今は今ということですね。

在日疑惑

この疑惑はどうしてでたのかは
わかりにくいところがあります。

両親が離婚していて
2人の素性がわかりにくいところもあり

もしかしたらどちらかが
そうだった可能性もなくはありませんが
断定もできません。

顔が韓国の俳優であるチョン・ボソクさんに似ているといわれていますが
それが韓国人疑惑になっているところも
あるかといえます。

とはいいましても
日本人でなく韓国人であるといえるものは
何一つありませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る