立見里歌は夫と離婚し子供は慶応で広告代理店はどこか。ポニーキャニオンに就職

立見里歌
スポンサーリンク

おニャン子クラブの元メンバーであり
会員番号15番であった立見里歌さんですが

卒業後は大手会社に就職して
さらには息子さんを立派に育てた
教育ママとしても

活躍をすることになりました。

スポンサーリンク

画像引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12119888977

1987年4月5日におニャン子クラブを卒業することになりますが
その後は大手レコード会社のポニーキャニオンに就職をすることになり

名古屋支社で勤務することになりました。

そこではおニャン子の後輩であった今は木村拓哉さんの奥様である
工藤静香さんのイベントの仕事をしたり

番組本番中にきれるくらいに不仲であった
とんねるずの石橋貴明さんの宣伝の仕事をしたり

したこともあったりしました。

元おニャン子クラブの生稲晃子は乳がんになっていた!

芸能界に近い会社で働いたら
こういうことも起こるでしょうが

彼女はどんな気持ちで
こういった仕事をしていたのでしょうか。

輝いている関係者をみるのは
つらいんじゃないかと思ってしまいますが
彼女はそれを承知で就職をしていたのでしょう。

1991年には結婚を機に退社することになります。

結婚した旦那さんは青年実業家をしていた人でありますが
大手に勤めているとそういった方との
出会いもあるのでしょう。

芸能界を引退した人の結婚かと
思ってしまいます^^

息子さんは慶応大学に進学したという話がありますが
実は小学校から同じ私立に通わせていたという話があり

そうなると慶応幼稚舎にいたということに
なりますね。

夫が実業家であるために
資金的には問題なさそうですが

おバカキャラで売っていた立見さんの子供とは思えないくらいです。

まあ大手会社に入社した実力もありますので
本当はとても頭がいい方だったというのが
わかりますね。

太貴さんというお名前の息子さんは
大学を卒業した後は広告代理店に就職して
そこでは部長にまで上り詰めたといいます。

広告代理店は多数ありますが
博報堂や電通といったところは
慶応大学経済学部出身の方が中枢にいらっしゃったりしているので

もしかしたらこういった大手に勤めておられるかも
しれません。

しかし広告代理店は芸能人と仕事もすることが多く
お母様と似たような道に進んだのだなって
そんな風に思ってしまいます。

残念ながら立見さんは今では旦那さんと離婚しており
知人が紹介してくれた

編集プロダクションに
勤務しているといいます。

以前は子育てが一段落したのを機に
フリーデザイナーとして働いていたのですが

「とらばーゆ」でエイベックスの募集があって
受けたところ最終選考で落ちることになってしまいました。

落ちたといっても最終まで残れば
たいしたもの。

そして働いているときも
息子さんの世話をしっかりとしていて

手抜きなんかは一切していなかったようです。

若き日のおバカキャラは
なんだったんだという感じです。

シングルマザーとしての役割はほとんど終え
今でも忙しくしている彼女ですが
まだまだ話題を振りまいてくれそうな
感じがしてなりません。

おニャン子クラブ元メンバーの今現在の活動
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る