関口誠人は今現在嫁のヒモで病気闘病経験も。薬物や実家が歯科医で金持ちのうわさも。

関口誠人
スポンサーリンク

ロックバンドC-C-Bといえば
頭がカラフルであり
今ではりゅうこうじさんがたまにテレビに出演していますが
他のメンバーの一人である

関口誠人さんもいろいろとうわさがあり
気になる存在です。

現在はどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

生年月日は1959年5月2日であり
出身地は東京都世田谷区になります。

実家はなんと歯医者であり
お父様が歯科医をしていて
とても裕福な生活を送っていたといいます。

これはうわさでもなく事実であり
意外な感じがしました。

世田谷区成城にすんでいたのですが
成城といえばお金持ちが集まる
高級住宅地で有名ですね。

ただ残念なことに
小学校の入学式当日の朝にお父様が急逝するという
不幸に見舞われて

他の生徒より学校に通うのが遅くなったこともあって
クラスの人間となじむことができずに
学校から足が遠くなって登校拒否といったものを
繰り返すようになります。

不良と付き合ったりして
みんなと同じ道には進めずに

中学卒業後はお母様の知人の会社に
就職をすることになります。

転機となったのは1982年で
ミニFM局「KIDS RADIO STATION」が新しいバンドを競わせるという企画を打ち立てて

関口さんや笠さんら5人で「Coconut Boys」を結成して
翌年にはデビューを果たすことになります。

すぐに売れたわけではなく
しばらくはバイトをしながらがんばっていましたが

頭の色がアダとなってバイトに雇われにくかったというような
話もあったりします。

85年には「Romanticが止まらない」でバンドはブレイクすることになり
第36回NHK紅白歌合戦に出場するなどしましたが
87年には脱退することになりました。

その後もC-C-Bのメンバーと組んでライブをしたりしていましたが
基本的にはソロで活動することになります。

病気

実は過去に大きな病気になっていたことがあり
2007年3月に心筋梗塞

3日間昏睡状態に陥ってしまいました。

3週間の入院生活の末に
無事に退院することにはなりますが

多くの方はこの病気で倒れて
1時間以内にお亡くなりになるといいますから
かなり運はよかったといえます。

病気のあとは発声に関しては
違和感というものがあったみたいですが

ギターを弾くときに大事になる
指なんかには後遺症がでずにすみました。

2008年にバンドを再結成するまえに病気になったのですが
この心筋梗塞は再結成の要因になったと
言われています。

過去に一世を風靡したバンドメンバーなんかは
亡くなったりして再結成してもメンバーが足りないとか
いったことがありますが

C-C-Bは全員そろっての再結成でしたので
ファンの喜びも大きかったでしょう。

ちなみに2014年8月にはライブの途中で体調を崩して
再度入院するといったことがありましたが

体には気をつけてほしいですね。

家族

子供がいるかどうかは不明なのですが
結婚はしていて奥様がいらっしゃいますね。

病気を乗り越えられたのは
奥様の力が大きかったでしょう。

ちなみに今の生活は奥様の収入に頼っていて
ヒモ状態であるとか言われていますね。

野沢直子さんの旦那のボブさんは過去ヒモ状態だった

売れていたときは1億という収入がありましたが
その後は人気の低迷もあって
激減してしまっているので

家族の助けも必要となっていくのでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る