荏原充宏研究員をwikiる!ガン治療の権威で出身高校、大学や嫁、子供について

荏原充宏研究員

日本に住む多くの人は
がんになって亡くなることになるので
この病気は身近な存在であるといえます。

他の国では治安などの問題でなくなったりしますので
病気で最後を迎えるというのは
ある意味恵まれているからなのかもしれませんが

しかしこのガンなんてものは
どうにかして克服したいものであります。

荏原充宏さんはある医療方法をつかって
ガンに挑んでおられます。

画像:http://www.nims.go.jp/mana/jp/news_room/news/2012/2012100301.html

出身地は東京都中野区であり
生年月日は1975年、

一時期は親の仕事の都合で
岐阜県で過ごしていらっしゃったそうですが
再び東京に戻ることになります。

経歴を簡単にまとめますと

1994年:東京都立西高等学校卒業

1999年:早稲田大学理工学部応用化学科 卒業

2004年:早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻 博士後期課程修了

2004年:米国ワシントン大学バイオエンジニアリング学部 博士研究員

2007年:大阪大学医学部附属病院未来医療センター 特任助教

2009年:物質・材料研究機構 主任研究員(併任)

2007年~2009年:大阪大学大学院工学研究科 特任助教

2015年:東京大学大学院工学研究科 非常勤講師

2015年:東京理科大学連携大学院 客員准教授

こうなっていますが

高校は私立がひしめく中で
偏差値が70を超える都立を卒業しておられます。

ガンに関わっているので
大学は医学部かと思いきや

実は理工学部というのが
おどろくことですね。

ムツゴロウ王国に何度もいっていたりして
生物大好きでそういう分野に進みたいと

考えていたといいますが
理工学部に進んでいます^^

その後は研究所に入ったりしていますが
あのビルゲイツと同じところであったリするところも
おどろくところですね。

アメリカという医療の先進国で
発展途上国の病気について学ぶことになっていくのですが

こういった国では日本なんかで当たり前に受けられる
医療を受けられなかったりします。

そういった現状をなんとかしようとしていたときに
スマートポリマー」を生み出すことになっていきます。

新たなガン治療

「スマートポリマー」というのはプラスチック素材になるのですが
これによって貼るガン治療が可能になりました。

一般的なガン治療というと
メスを入れたり放射線治療をしたりして
抗がん剤をつかって髪の毛が抜ける副作用と戦うようになる

とかいったものがありますが
このプラスチックは

磁気が塗りこめられていて
抗がん剤を染み込ませた後に

磁力で発熱させて
患部にあてることでガンを抑制するということが

できるという画期的なものです。

素材自体もとても薄く
簡単に貼ることができるので

しかも副作用も抑えることができて
ガンに苦しんでいる人からすれば

のどから手がでるほどおしいものだといえます。

コスト的にもそんなにかからないので
発展途上国でも使いやすい医療機器と
いえますね。

一般的に使われるようになれば
ガン恐るるに足らずとなっていくことでしょう。

さらには人工透析を簡単にできるような装置といったものも
開発しており

こういった研究が実を結ぶことになれば
医療業界がひっくりかえることに
なるといえます。

医学部に進まなかった荏原さんですが
理工学部の知識をつかって

見事なまでに医療の世界に貢献しているといえます。

家族

荏原さんは実は母子家庭で育っていたりします。

都立高校に進んだりしたのは
親の負担を軽減するという目的も
あったかもしれません。

こういう家庭環境もスマートポリマーの開発の
動機になっていたかもしれません。

今は40歳を越えていますが
奥様やお子様の情報は出ていません。

結婚指輪もつけていないようですので
独身という身分なのかなって
思います。

この辺も家庭環境が
影響しているのでしょうか。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る