稲川素子は大腸がん末期を克服も肺がんに!夫は脳梗塞に!娘も病気が・・・

稲川素子

日本の芸能界でハーフタレントや
外人タレントがよく出演している

そんな状況はあたりまえのように
なっています。

外人タレントを中心にマネージメントしている
稲川素子事務所社長の

稲川素子さんは誰がどうみても
成功者であるのですが

私生活では病気に苦しんでいたり
しました。

病気

稲川素子さんが大腸がんにかかったことは
有名な話であります。

しかも末期のがんであり
そこから見事な復帰をとげたことは

同年代の方々に
大きな希望を与えたことであると
思います。

稲川さんがおこなった治療というのは
サイバーナイフ

放射線治療ががんに対して行われることは
多くの方の知るところであるのですが

このサイバーナイフというのは
小型の放射線治療装置を精度の高いロボットアームに

装着した最先端の医療となります。

あらゆる角度からピンポイントで腫瘍を
攻撃することで

他の臓器といったものに負担をあたえずに
ガンを撲滅するという
夢のような装置になります。

最先端ともなると
お値段もかなりおいきになると考えてしまいますが

実はかなり安価であり
一般人の方々にも手を出しやすいものに

なっています。

ちなみにがん細胞は動いたりするために
ピンポイント攻撃が本当にできるのかと

おもわれるかもしれませんが
実は体内に安全な金属をいれて

がん細胞にしるしをつけるために
しっかりと狙い撃ちできるみたいなんですね。

がん治療もここまで進んだのかと思うと
生きる希望というものが沸いてくるって
ものです。

ステージ4の大腸がんで
両方の肺や肝臓、リンパ節といったところにも

転移していた全身でしたが
4日間の治療で完治してしまうことになりました。

わけがわかりませんね^^

ちなみに佳奈子さんという娘さんがいらっしゃるのですが
娘さんも大腸がんの餌食となっていました。

発見したきっかけはお母様ががんになったのを機に
精密検査をうけたら初期のものが

みつかったという感じだそうです。

がんの検査はしたいとは思いますが
身近にかかった人がいないと

なかなか行動できませんからね。

お母様に命を救われたという
状態になりました。

その後しばらくは良好だった素子さんですが
しかし今度は肺がんが再発してしまうことになります。

最初のときもそうでしたが
さらに高齢になっていますので

こういった話を聞いてしまいますと
いろいろと心配になってきます。

でも今度もなんとかしちゃうのでしょうが^^

川野太郎さんの奥様は子宮頸がんにかかっていた

夫は脳梗塞

稲川さんの旦那さんは10年位前に
お亡くなりになったのですが

その原因となったのが
脳梗塞であるようです。

軽度であればなんとかなりやすいですが
重度であると麻痺がでたりする

やっかいなものです。

旦那さんは残念ながら
帰らぬ人になりますが

家族でこれだけとんでもない病気に
かかってしまうというのは
不幸な感じがしてしまいます。

ただ、素子さんは
生きているのもしんでいるのも
楽しいとうことをおっしゃっていて

亡くなっても旦那さんに会えるという
そんなことを思える彼女には

病気もかなわないというところでしょうか。

芸能系の方だと離婚したひとが目立ちますが
こういったいつまでも愛し合っている人は
違った感じで目立ち

とても魅力的です。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る