林家正蔵の嫁。息子たま平はラグビーを学校で!

林家正蔵

林家こぶ平のイメージがまだまだ強かったりする
林家正蔵さんでありますが

タレントとしての活動は昔は目立っていたものの
落語の力はかなりのものであり
今では9代目林家正蔵の名跡をしっかりと継いでいて

貫禄もでてきた感じがします。

結婚してできた家族のことは
あまり話さなかったりしますが

どうなっているのでしょう。

家族

お父様は誰もが知っている通り
「昭和の爆笑王」といわれていた

初代林家三平さんになります。

お母様の海老名香葉子さんはエッセイストとしても活動していて
テレビではお母様と一緒に
登場したりすることもあったりします。

弟は2代目林家三平さんでありますが
林家いっ平を名乗っていた時期が長く

いまでもいっ平と
よんでしまいそうですね。

お姉さまである海老名美どりさん
峰竜太さんの奥様であり

泰葉さん春風亭小朝さんの元奥様で会ったりと
家計図にしたらかなりすごいことに
なってしまいます。

石田純一さんのところくらいに
とてつもない家計図が出来てしまうでしょう。

落語家で動物ものまね一族の江戸家小猫さん

では、奥様は誰かというと
実は一般人の方であって

ほとんど表に出てきません。

お父様の奥様、まあ実のお母様は
メディアにもたびたび登場するということもあって

ここまで出てこないのは不思議な感じも
したりしますね。

裏方に徹していることもあって
謎多き奥様ですが

林家という名門に入ったからこそ
裏の仕事をしっかりこなして

正蔵さんが落語家に専念できるようにしているので
とてもできた嫁であるといえます。

その奥様との間には
3人の子供がいて

息子2人に娘1人と
いいかんじの人数になっています。

長男は海老名泰良さんとおっしゃいますが
今現在は落語家林家たま平として

活動なさっています。

子供のときは「こぶた」という名前を使ったりしていましたが
そのままだったらちょっと・・・・
と思ってしまいますね。

学生時代はラグビーでかなりいいところまでいっていて
海外からもオファーがきたりしていたようでした。

明治大学中野高校に在籍して活躍するも
国学院久我山といった名門校に敗れて

花園出場ははたせず終わり
その後は大学進学をしないで

落語家としてやっていくと
決めることになります。

そのままラグビーをしていたら
日本代表としてワールドカップ出場もあったのかなって
思えるほどですが

まあラグビー自体も厳しいので
そんな簡単にはいかないでしょうが。

正蔵さんが父三平さんに弟子入りしたように
たま平さんも父に弟子入りしています。

「親子の縁を切る」
これは正蔵さんが父親に弟子入りするときに
言われた言葉ですが

その後芸名で呼ばれ続けることに
なります。

たま平さんもそんな感じに
なったのでしょうか。

まあ正蔵さんはなにもかも父を真似るということはしませんので
公私混同は避けていそうですね。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る