寺島しのぶの夫の職業。父母はすごい人で息子は歌舞伎好きでかわいい!

寺島しのぶ

演技派女優の寺島しのぶさん
映画やドラマで存在感を存分に

発揮なされていますが
過去には親がすごすぎるために

比べられて悩んだこともあったといいます。

そんな家族はどうなっているのか
書いていこうと思います。

家族

お父様は七代目尾上菊五郎さん

NHK大河ドラマ「源義経」で最年少主演を果たすことになり
美形の歌舞伎役者として大人気でありました。

このドラマで共演した藤純子(富司純子)さんと結婚して
しのぶさんを産むことになります。

富司純子さんは今でも活躍している女優であり
昭和だけでなく平成にもなくてはならない

存在ですね。

お父様は歌舞伎の家系でお母様は父が俊藤浩滋さんという
プロデューサーであったりします。

歌舞伎一家に生まれたしのぶさんは
こういった特殊な家庭で女性として生まれたことには

いろいろと抵抗があったといいます。

女優になってからは
大御所のお母様と比較されることになり

いろいろと苦しんだといいますね。

親がすごいひとゆえにそれなりに
裕福な暮らしはできたといえますが

その反面自分のやることが周囲に認められないといった
不幸なところもありました。

なにをしても自分の力でなくて
親の力だと思われるところが
こういう家庭に育った人の悲しいところでしょう。

林家正蔵さんも父が偉大で悩んでいたりした

弟の五代目尾上菊之助さんは長男ということもあり
歌舞伎の世界に飛び込んでいきました。

生後2ヶ月で徹子の部屋出演を果たしているという
エピソードがあったりします。

旦那さんはローラン・グナシアさんという
フランス人の人ですね。

職業はアートディレクターとなっていて
そういった人を束ねる会社「ラボアット」を経営している

実業家でもあったりします。

過去には「アニエスb」というファッションブランドの
日本支社にも勤務していた経験があり

かなりクリエイティブな方といえます。

女優とアートディレクターの結婚なんて
まあだれもがうらやんでしまいますね。

ひとつ問題がありまして
旦那さんは別の女性と事実婚状態だったそうです。

そしてその女性との間には娘がいたりして
認知もされていたというのですから
驚いてしまいます。

国際結婚ということもあり
相手はフランス人という異文化で育った人ではありますので

日本人の感覚だと納得できなくても
フランスだとそんなにおかしいことでは
ないのでしょう。

婚姻届を出さない結婚はよくあるみたいですね。

ちなみに娘さんはクレオさんといって
普段はその女性と一緒に暮らしていますが

日本にやってきて一緒に遊ぶこともあるそうです。

しのぶさんと旦那さんが結婚したときには
祝福にも駆けつけているようですね。

フランス人のそういう心の広さ?には
おどろくばかりです。

独占欲がどうしても出てきそうなんですけどね。

旦那さんとの間には
眞秀(マホロ)さんという息子さんが誕生しました。

まほろさんは歌舞伎がかなり好きなかわいいお子さんであり
しのぶさんは歌舞伎役者にしてもいいと
考えておられるようです。

弟の菊之助さんにも長男はいるので
家系が途絶えることはありませんが

息子さんがあまりに歌舞伎を愛しているので
その夢をかなえたいという

親心もあることでしょう。

「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に
選ばれたこともあるしのぶさんですが

マホロさんも将来歌舞伎役者として
こういったものに選ばれるかもしれないと思うと
たのしみであります。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る