スマイリーキクチは今現在誹謗中傷事件当時の恋人が嫁になり子供はいるのか?

スマイリーキクチ

ボキャブラ天国でニコニコしながら
怖いことをいっていた印象があり
面白いなって思っていたスマイリーキクチさん

笑顔に似合わず元ヤンキーだったりしてた過去がありますが
それにより事件に巻き込まれてしまったり
大変なめにあってしまいます。

画像引用:http://toretate-news.hatenablog.com/entry/2016/03/18/014120

家族

2011年6月20日に一般人女性と結婚することに
なったのですが

初めての共同作業は結婚式のときではなくて
ある事件のときだったといえるかも

しれません。

共同作業とってもいろいろありますので
別のものともいえるのですが・・・

1988年、89年にかけて
東京都足立区綾瀬で痛ましすぎる事件が起きました。

そのときの犯人、被害者ともに未成年だったこともあり
加害者の名前は出ていませんでした。

キクチさんは東京都足立区北千住出身であり現場から近く
事件のあった年は加害者と同じくらいの年齢でした。

そういうこともあってネットの掲示板に
彼が犯人だという書き込みが10年近くにわったって書き込まれることになり

精神的にもかなりくることに
なってしまいます。

これだけ長いこと書き続けていたという
粘着がおそろしいですね。

警察に相談しても相手にされないときがつづいて
追い詰められることになるのですが

そのときにそばにいてくれたのが
今の奥様になります。

奥様に臓器提供してもらったお笑い芸人ハギワラマサヒトさん

元警視庁刑事だった北芝健氏も
彼が加害者であるようなことをにおわすことを
治安崩壊」という本の中で書くことになり

誹謗中傷はエスカレートして
恋人だった奥様が危険な目にあわないように
頻繁に連絡を取り合ったり一緒にいたりしていました。

最終的には書き込みをしていた人間が
いっせいに検挙されることになって

収束を迎えましたが
本当にご苦労様といいたいですね。

こういうことがあったので
つり橋の上で告白したら成功率があがるという
話が当てはまっている例ではないのかと

思ったりもしてしまいます。

災い転じて福となしたようにも見えたりして
そうなると結婚がよろこびにくい

感じもしてしまいますが
世の中の結婚はそういうこともたたるでしょうから

別にいいですかね^^

お子さんについて調べましたが
今のところそういった話は出てきていません。

もし生まれたら
報道されると思いますので

今はいないとみていいでしょう。

過去の事件のこともあり
隠している可能性もありますが・・・

ただ、子供ではないですが
犬を飼っていて溺愛している様子を

画像にUPしていたりしています。

ワンちゃんが子供がわりに
なっているところもあるのでしょうか。

彼が出版した
突然、僕は殺人犯にされた – ネット中傷被害を受けた10年間」は

反響が大きく
学校の教材に取り上げられたりしていたりもしています。

長く苦しいときを過ごしましたが
これからは仕事に家庭にと

心置きなくがんばってほしいですね。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る