堀川大地:スピードスケート選手をwikiる!経歴や出身中学。弟と妹も選手

堀川大地
スポンサーリンク

日本のスケートは世界に誇ることのできる精度の高いものであり
スピードスケートはそのなかでは
まだまだなところがあるような感じがします。

しかし若い選手が育ってきており
堀川大地選手は15歳にして

ジュニアの日本代表強化選手に最年少で選出されるなど
将来性がありまくります。

スポンサーリンク

生年月日は1999年05月12日であり
出身地は北海道。

高校は北海道の私立白樺学園高等学校であり
小学校は大樹町立大樹小学校、
中学は大樹町立大樹中学校に通っていました。

中学3年生のときは
全国中学校スケート大会3000mで2位となり
1500mでは見事に優勝

ジュニアワールドカップベルリン大会では1500mで6位になるなど
才能を発揮しており

高校1年生の時には
全国高等学校選抜スピードスケート競技会1000mと1500mで
2位になるなど着実に実績を積み上げていっています。

スキージャンプの将来のメダル候補の小林陵侑さんについて

兄弟は弟と妹がいらっしゃるのですが

弟の1歳下の翼さんは兄が中3で優勝した大会の
3000メートルで2位になり

5歳年下の妹の桃香さんは1000メートルで優勝したりと
上位を一族で独占している状態になりました。

兄弟で同じスポーツをしていて
そして優秀な成績を収めているとなると

両親もその競技をしていたのであろうと
予想は出来ます。

お母様は智子さんとおっしゃることは判明しているのですが
ただ、スケートをやっていたとかいった話は
出てきていません。

お父様は名前はおろか何をしているのかも
不明の状態ですね。

ただなんかの形でスケートには
関わっていたのだろうと思います。

まあ北海道という寒い地域で育っていれば
スケートは身近な存在でありますので

たとえ両親がスケートをしていなくても
子供達が勝手にその方向に進むという可能性も

ありそうですが・・・

将来は冬季オリンピックで
金色のメダルを日本に持ち帰ってくれそうでありますが

2016年2月に行われた
ユースオリンピック冬季競技大会(リレハンメル)の1500mでは
銀メダルを見事に獲得してくれました。

まだまだ若い選手ですので
これからも大いに伸びていくことであると
思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る