吉田清一滋賀県議のパワハラ発言の真意は?出身大学など経歴

吉田清一

2016年のセンバツ高校野球大会で
初出場の滋賀学園がベスト8まで進出する快挙を
成し遂げることになりました。

しかしその裏では滋賀県議である
吉田清一議員が選手達を乗せたバスに向かって
暴言を吐いたということで大きな話題となってしまいましたね。

團遥香さんは一族に鳩山由紀夫さんも・・・

吉田清一氏は滋賀県議員を6期務めている
ベテラン議員となっています。

出身高校は滋賀県立膳所高等学校という
偏差値が70を超える進学校であり

その後は京都工芸繊維大学に進んで
学習塾経営といったものをすることになり

そして県議員としての道を進むことになりました。

自由民主党滋賀県議会議員団に所属し
スポーツ振興特別委員会の仕事もこなすなどしていながら

こういった事件をおこしてしまうのは
悲しいものがあります。

滋賀学園野球部暴言事件

滋賀学園野球部の選手や関係者達は甲子園に向かう前に
滋賀県庁で行われる激励会に出席することになったのですが

送迎バスを止めた市が本来駐車禁止の場所であったこともあり
それを見つけた吉田清一議員がバスに向かって

「1回戦負けしろ」といった暴言を吐いたと
報道されることになりました。

その駐車していた場所は指定されたために停めたところであり
滋賀学園関係者には落ち度はとくにはありません。

もしあったとしても運転手であり
生徒や先生といったところに
その怒りが向かうのはおかしいところですね。

生徒達を動揺させないように
学校側はとりあえず謝ることでことをすませることにしたと
いうことです。

吉田清一議員は
こういうことをしていたら甲子園では勝てないぞということを
いいたかったというような釈明を会見ですることになりました。

実際そのときの模様が映像として残っていたなら
真意を測ることはできるかもしれませんが

さすがに残っていませんので
なんともいえないところです。

議員がたとえ、そういう意図で言っていたとしても
言われた側はただ暴言を図れたようにしかみえなかったりすることは
多々ありますからね。

証拠がない状態なので
どちらの言い分も正しいのではと考えることはできますが

しかし過去に議員はパワハラ騒動を起こしていました。

パワハラ

滋賀報知という新聞に2014年に掲載されたものなのですが
野洲市の女性市議が

吉田県議から度重なるパワハラを受けていたことを
フェイスブックに書き込んだことが問題となり

党紀委員会にかけて処分するという話が出てくることになりました。

ネットの力というのは大きくて
フェイスブックに書き込むことで知事選に大きく影響したりということも
あったみたいで

自民党からしたら女性市議をほうっておくことは
できなかったのでしょうが、

ただ彼女は被害者でもあり
パワハラをおこなった吉田県議が処分されずに

女性側が処分をうけるのはおかしいと
話題になったんですね。

彼女がおこなったことはいいことであるとはいえませんが
力の弱いものが追い込まれたときは
こういうことでもしないかぎり状況を打破できませんので

仕方がなかった部分もあるかと思います。

過去にこういうこともありましたので
吉田県議の滋賀学園野球部の注意は

残念ながら
本当に暴言であったとみざるをえないのかなって思います。

実際にルールをまもらなければ勝てないぞという意味で
注意をしたとしても

こういう過去をもっていれば
そのように受け取るのは難しいとしかいえません。

そして駐車禁止の場所に
学校の看板を背負ったバスは意味もなくとめるということはかんがえにくく
何か理由があったと思うのが一般的であると思いますが

県議である立場でそう考えられなかったというのが
不思議でもあります。

ネットでも多く書かれているように
長く議員を務めていて
ちょっと勘違いをしてしまったんじゃないかと

思わざるをえませんね。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る