伊藤秀男:日本通運引越し業者をwikiる!年収や嫁について

ここ最近は引越しは個人で済ませてしまったり
宅急便で済ませたりと
節約のためにないがしろにされている感じがしてしまうところも
あるのですが

しかし大規模な引越しや海外の引越しとなりますと
プロの手を借りずにおこなうというのは
かなりむずかしくあったりもします。

そういう難しい引越しを手がることで
名をあげたのが

伊藤秀男さんになりますね。

伊藤さんは2016年時点で47歳になりますが
詳細な生年月日や出身地は
公開していなかったりします。

芸能人でない有名人ゆえのことでしょうか。

所属している会社は日本通運

引越しの業者としてもとても有名な
ところですね。

そのなかで海外引越しを担当なさっているのですが
会社の中では1200人ほどが

海外の引越しを行っていたりするなかで
シニアエキスパート」という地位にいらっしゃいます。

不登校を扱うエキスパートの吉藤健太朗さんについて

これは4人しか存在しない地位であり
そのなかでも伊藤さんはナンバーワンといわれているみたいですね。

海外引越しの難しいところは
梱包道具が使えないというところだそうです。

日本通運などでは使い回しができたりする
家具を傷つけない道具をつかったりしますが

海外の場合は税関を通ったりするために
一般的な道具を使ってしまうと

とめられてしまうことがたたあるんですね。

そのために
ダンボールなど廃棄しやすいものだけをつかって
梱包といったものをしなければならず

さらには荷物をコンテナにつめたりするために
痛みやすいという環境からもまもらなければならなかったりと
想像以上に大変な仕事をなさっています。

普通にこういうことをするだけでも
大変だと思いますが

そのなかでナンバーワンになるということは
努力だけではなく才能もあったからではないのかと
考えられますね。

年収

日本通運の平均的な年収を見てみると
600万円前後でありました。

これはまあすべての部署の平均となり
海外引越し担当ともなれば

残業などさまざまな手当てもつくことになるでしょうから
さらに100万円くらいはあがるかと考えられます。

そして伊藤さんは「シニアエキスパート」ですので
単純計算でも800万円くらいいくのではないかと
推定できます。

これが多いのか少ないのかといわれたら
充分に多い感じがするのですが

仕事に見合っているのかといわれると
まあ考えさせられます。

年年体を使う作業は
給与も減っていく感じがありますが

こういったところは考えていかないと
担い手がいなくなってしまうという心配があります。

こういうプロの存在は
なくなってはいけませんからね。

家族

伊藤さんの指を見ると
結婚指輪っぽいものははめていないみたいです。

仕事柄無理だとも思いますが。

結婚したであろう物的証拠が出てこないんですね。

そうなると独身である可能性が
強い感じがしてしまいます。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る