眞野あずさの姉真野響子やその旦那、娘はすごい!母や父家族、再婚について

眞野あずさ

親は普通のサラリーマンであっても
兄弟姉妹が芸能界に関わっていて
プチ芸能一家みたいな家庭もあったりします。

眞野あずささんは姉妹で芸能人であったりしますが
お姉さんの家庭も含めると
なかなかな芸能一家だったりしますね。

家族

お姉さんは真野響子さんでありますが
女優をなさっています。

お父様は日本航空に務めていた普通のサラリーマンだったようですが
そこから2人の女優が生まれることになりましたね。

上の兄弟が芸能界入りを果たしたりすると
その影響を受けて下もおなじ世界に飛び込むということは
あったりしますので

眞野姉妹はそんな感じだったのかなって
思います。

芸能一家の白石さおりさんと小野寺丈さん家族について

ただお姉さんは桐朋学園大学短期大学部演劇科卒業という
ある意味演劇エリート街道を歩いていて
その後は劇団民藝に入団して

舞台で演技力を磨いていくことになります。

妹のあずささんは聖心女子大学文学部英文学科卒業と
演劇とは違う感じの道を進んでいましたが

大学4年生のときに週刊朝日の表紙に登場することになって
それがきっかけで芸能界入りし

ドラマ「風の鳴る国境」で女優デビューを
果たしています。

お姉さんと違い映像から入っていますね。

姉の影響を受けたというより
なぜか芸能界にはいった感じになっています。

姉妹で違う道から芸能界に入り
そして成功したとも見えますが

2人とも父親の仕事のために
子供の頃はアメリカのサンフランシスコで過ごしていたりして

そこで自由の風にふれて
芸能に求められるクリエイティブな感覚を
身につけたのかもしれませんね。

ちなみに2歳年下の弟さんもおられるそうですが
弟さんは芸能の道には入っていないようです。

お母様については主婦だったのか仕事を持っていたのか
不明ではありますが

お父様が海外転勤となっていたことをみると
専業主婦としてがんばっていたのかと思われます。

そのお母様は今は高齢なこともあって
介護生活を余儀なくされているようですが

介護は3人兄弟で交代で担当しているといいます。

介護問題が絡んでくると
兄弟で不仲になったりするというケースも出てきたりするのですが

この兄弟は介護を通して逆に
コミュニケーションが活発になったりと
それまで以上に絆が深まったといいます。

母親がかすがいになったかんじでしょうか^^

1989年12月25日のクリスマスにあずささんは結婚をすることに
なるのですが

そのお相手となった旦那さんは芸能人ではなくて
コンピューター会社に務めていたサラリーマンでした。

あずささんは下積み時代にはアルバイトをしていたりしましたが
1980年に晴海の国際見本市で行われたビジネスショーでアルバイトをしていた時に
その男性と出会うことになって

10年の交際期間を経ての結婚となりました。

東京プリンスホテルで結婚会見を開いて
お父様と同じサラリーマンと結婚できたことを
喜んでいたのではありますが

2005年12月25日に離婚してしまっています。

結婚も離婚もクリスマスでありますが
16年目の結婚記念日でもあり
なんか悲しいですね。

お子様はいなかったようであり
離婚の理由は公表されてませんが
子供関係が影響しているのでしょうか。

お姉さまは俳優や司会といったことで活躍していた
柴俊夫さんと結婚して

一人娘の柴本幸さんは女優となって
活躍しています。

女優とサラリーマンの夫婦となったあずささんは離婚し
俳優同士の夫婦となった響子さんは
今も結婚生活を続けていて

この姉妹を見ると
芸能人同士の結婚のほうがいいのかなと
思ったりしてしまいます。

まあこればかりは
相性などいろいろありますから
断定は出来ませんけどね。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る