野村萬斎の嫁や子供、父母ら家族。

野村萬斎

日本の伝統芸能である狂言の世界で
大活躍していて

一族も狂言の世界に関わっている
野村萬斎さん

家族はどのような感じに
なっているのでしょうか。

家族

奥様は野村千恵子さんという方であり
1996年にめでたく結婚をなさっています。

職業は元CAという方であり
有名人らしい嫁とりをしておられますね。

合コンで知り合ったといったことではなくて
2人は小学校時代から知り合いの
先輩後輩の間柄でありました。

学生時代からすでに交際を開始しており
めでたくゴールインとなったんですね。

ちなみに野村さんは
筑波大学附属小学校、筑波大学附属中学校高等学校、
東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻卒業という学歴を持っていますが
奥様も同じ高学歴であったことがわかります。

2人の間には3人の子供が誕生することになり
名前は
長女彩也子さん、長男の裕基さん、次女の彩加里さん
といった感じになります。

狂言の世界は世襲というものがよく行われるせかいですが
野村家も例外ではありませんでした。

長男の裕基さんは3歳という幼ない年齢で
初舞台を踏むことになりますが

ご両親の教育のたまものといっていいでしょう。

お父様の野村万作さんは人間国宝ともなっている偉大な方ですが
早稲田大学文学部卒業という萬斎さんとおなじように
高学歴であることにおどろかされてもしまいます。

お母様の阪本若葉子さんは詩人をしていて
多くの詩集も出しておられて
書店で手に入ったりもしますね。

能楽師と詩人からうまれたのですから
立派な芸術家になっても不思議ではありません。

祖父は6世野村万蔵さんになり
こちらも人間国宝となっています。

一族に人間国宝が2人いるというのは
おそろしいというしかありませんね。

叔父、お父様の兄にあたるのは
初世野村萬さんという方ですが

後に父親の名前を襲名して
七世野村万蔵になっています。

万作さんは本来なら野村萬斎を名乗ることになるはずだったのですが
この万作という名前を長く名乗っているうちに愛着を覚えたために
息子である現在の二世野村萬斎さんが

その名前を頂戴することになりました。

母方のおじい様は阪本越郎さんという
詩人でドイツ文学者をしていた人。

おじいさまの兄は阪本瑞男さんという外交官。
おじいさまの異母弟は小説家をしていた高見順さん

そしておじいさまの従兄に永井荷風さんがいたりと
とてつもない一族になっていますね。

加山雄三さんも華麗なる一族だった!

文学の天才と伝統芸能の天才がまじり
高学歴で日本を代表する狂言師になった萬斎さんは
プレッシャーというものもものすごいあったと思います。

しかし50歳を超えても劣らぬ狂言師ぶりは
多くの人を夢中にさせておりまだまだ進化するんじゃないかという
期待もさせてくださいます。

息子さんも将来はお父様のような狂言師になりたいと
おっしゃっており
野村家はしばらく安泰だなって

思わせてくれますね。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る