水野祐弁護士をwikiる!出身大学や高校。嫁と子供いて彼女がいるのか?

水野祐
スポンサーリンク

ネットを見ると罵詈雑言の嵐、
外に出ればヘイトスピーチの嵐、

表現の自由といったものが当たり前になってしまい
なんだかいきにくい世の中になってしまいましたが
その反面表現にたいして過剰なまでの反応があり

自分でつくったものが盗作疑惑を持たれるといった状態にも
なってしまったりします。

それを守る仕事をしているのが
弁護士である水野祐(たすく)さんになります。

スポンサーリンク

出身地は神奈川県であり
生年月日は1980年。

若手弁護士といってもよさそうです^^

大学は慶應義塾大学法学部出身という
エリート街道をいっている人ですね。

出身高校は公表していませんが
サブカルチャーが大好きであり

大学時代も法律の勉強より
映画製作やバンド活動といったものを主にやっていて
さらには神奈川県出身であるために
慶応の付属高校に通っていたんじゃないかと
考えたのですが

大学はたまたま受かっていたという発言もあり
そうなると県内の有名進学校に通っていた
頭のいい人と考えることができます。

ちなみに最初は法律にあまり関心がなく
法学部自体がたまたま受かったというようなことも
いっていたので

そうなると慶応義塾内部進学で
法学部を志望したらたまたま受かったという考え方もできるために
慶応系高校出身といえなくもありません。

謎は深まるばかりであります^^

法律に興味もなく弁護士も最初は目指していなかったので
そこからなぜ弁護士の道に進んだのかという
謎もあります。

目指すきっかけになったのは
ローレンス・レッシグさんの本を
たまたま読んだからだそうです。

この方はクリエイティブ・コモンズというものを
説いてまわったことで知られています。

非常にむずかしい言葉で
わかりにくいものですが

コモンズというのが入会(いりあい)のドイツ語訳。

一定の地域にいる住民をさしています。
クリエイティブという言葉の意味はだいたいわかるかと思いますが

簡単に言うと著作権者の権利を
意味しているものになります。

著作者の権利というのは大事なものであり
作り手の作品といったものを守るのに

クリエイティブ・コモンズはとても役立っています。

サブカルにはまっていた水野さんは
これに法律を組み合わせることで
面白い仕事ができると考えて

司法試験を受験するようになりました。

2008年に司法試験に合格することになり
その後都内の弁護士事務所勤務。

2013年に「シティライツ法律事務所」を開設することになり
独立を果たすことになります。

赤堀順一郎弁護士は有名な冤罪事件に関わっていた!

水野さんの仕事は
クリエイターが作品を作るときに

作品が別の人とかぶったりして
盗用扱いにならないかといったことの相談から
訴えられたときの弁護といったものになります。

法律というツールで世の中をデザインしたいということを
おっしゃっていますが

無味乾燥に見える法律も
クリエイターと関わることで
なんか色がでてくるような感じがしてくるので

不思議なものです。

クリエイターのための無料法律相談組織「Arts and Law」といったものも運営しており
これからはものづくりから付加価値の時代に入っているといわれる日本においては
価値のある存在となっていくでしょう。

家族

見た目にインパクトがあり
独身で自由気ままな生活をしているイメージがありますが

しかし結婚した奥様がいらっしゃっていて
さらにはお子さんも生まれています。

一家を支える大黒柱なんですね。

とはいっても
実は彼女がいるんじゃないかといううわさもあったりします。

それが奥様のことなら問題はありませんが
風貌もあって

愛人がいると思われているという可能性も
あります。

サブカル好きでクリエイターに関わる仕事をしていると
いろんな女性と楽しくやっていると
思われてしまうのでしょう。

しかし仕事はしっかりとしていて
やるべきことはやっている方ですので
浮気不倫といったことは
まずないだろうというのが私の考えです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る