武部貴則をwikiる。経歴、出身高校大学。嫁や子供は?

スポンサーリンク

医者になるというだけでもエリートという感じが
伝わってくるのですが
そのかしこばかりの世界で異例の出世を遂げて
若き天才といわれるまでになった武部貴則さん。

再生医療が注目されていますが
そのなかで日々がんばっておられます。

スポンサーリンク

生年月日は1986年であり
出身地は神奈川県横浜市となります。

横浜市立大学医学部を卒業し
横浜市立大学臓器再生医学准教授という肩書きを
28歳にしてもっていたりします。

高校は公表なされていませんが
神奈川県立柏陽高等学校というところが横浜にある
公立高校で一番偏差値が高く
そこに通っていたんじゃないかとおもわれます。

私立も多い地域でありますが
脳卒中で父親が倒れたという経験を持ち
お金のかからない県立に進んだと予想しました。

ちなみに倒れた父親はその後回復して
仕事現場にも復帰できるようになっていますね。

医者を目指すようになったのは
その出来事があったからといいます。

大学時代はアメリカ・スクリプス研究所研究員、米コロンビア大学研修生
としてアメリカの臓器移植の現場を経験するなどして
平成20年度優秀学生顕彰事業「奨励賞」を受賞するなど
天才の片鱗はこのころからすでにあらわれていました。

横浜市立大学医学部助手を経て2013年に准教授となって
ヒトIPS細胞から、ミニ肝臓を作るということに
世界ではじめて成功することになります。

医療の世界では治療するということよりも
症状を抑えるといったことが多く行われていて
臓器が足らないことで助からない人がいるという実態をしったことで
再生医療の道に進んで
こういった快挙を成し遂げることになりました。
医者のなかには出世のためだけにその有り余る知能を使う人もいたりするわけですが
目的をしっかりと持って身内の病気から医者を目指した彼は
仕事にまじめで頼もしい限りですね。

いまはこのミニ肝臓はマウスにつかうことくらいしかできないようですが
いずれは人間の肝臓も作ることができるという計算もたっているために
明るきざしがみえます。

師事していた小林眞司先生からは、

目の前の患者さんだけを救うのではなく、数万、数百万人を救うことを目指して研究しなさい

こういったことを言われたといいます。

人はそれぞれ違い病気もひとによっては微妙にちがったりするのですが
そうした人とたくさん触れ合うことで
普遍的な治療法をみつけだして
今まで助からなかった多くの人をあたりまえにたすけることが
できるようにしろという意味であるとみていいでしょう。

忙しい医者の世界では一人一人にしか向き合えなかったりしますが
そういった目標を持つことで広い視野を持つことができて
医療の発展に貢献ができるようになっていくと思います。

武部さんはとても若くてイケメンであり
結婚したか気になりましたが
結婚指輪をつけているといったところもみられませんので
独身貴族である可能性がたかいように思います。

この年齢で高い地位を与えられたら
プレッシャーなんかもあり
私生活なんかまで頭には回らないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る