和知徹:肉シェフをwikiる!経歴。嫁・子供といった家族はどうなのか?

和知徹:肉シェフをwiki
スポンサーリンク

肉料理は年齢を重ねるとちょっと重たくも感じるのですが
とはいってもやはりおいしくてたまりません。

その肉料理を極めるために
世界中を肉旅しているシェフが
和知徹さんになります。

スポンサーリンク

生年月日は1967年であり
出身地は兵庫県淡路島になります。

高校を卒業した後は
多くの有名な料理人を輩出している

辻調理師専門学校に進学することになりました。

この学校は全国に系列校があったりすることは
よく知られているのですが

なんと世界にも進出していて
フランス校もあったりするんですね。

和知さんはそのフランス校に2年目に研修のために
いくことになり半年ほど過ごした後は

ブルゴーニュの一つ星レストラン「ヴィヴァロワ」で
修行することになりました。

帰国後はレストランひらまつグループの
アポリネール」で仕事をして料理長にのぼりつめ

退職後は銀座にある「グレープガンボ」で96年から
料理長として働くことになりました。

3年間の勤務のあとの2001年には独立して
ご自身のお店である「マルディ グラ」をオープンする
ことになりました。

フランス料理のお店を切り盛りしている和知さんなのですが
特に肉についてのこだわりはすさまじいものがあり
肉シェフとして

1998年以降は肉旅というものを実行して
世界各地にある肉料理を堪能して
自身の料理にも取り入れていらっしゃいます。

フレンチレストランを経営しているので
ヨーロッパ中心かとおもいきや
南米やトルコといったところも訪問しており

20カ国以上を旅したことになります。

彼の作る料理はもはやフレンチの枠は飛び出しており
世界中のいいとこどりをした
他ではあじわえないものになっています。

お店の場所は

住所:中央区銀座8-6-19 野田屋ビル B1F
電話:03-5568-0222
最寄り駅:新橋駅から徒歩約2分
営業時間:18:00から24:00(L.O.23:00)

このようになっています。

肉料理は以外にシンプルに焼いたり煮たりしたものだったりするのですが
素材にとてもこだわっており

その選び抜かれた素材の味を存分に
堪能できるようにつくられているために
多くのリピーターさんに愛されるお店となりました。

骨太肉料理といわれていて
一人でいくと結構重くてもたれたりもしてしまうらしいですが
何人かでいくとちょうどいい感じに
なるようです。

若い人なら一人でいっても
充分に堪能することができるでしょう。

森公美子さんの実家は料亭だった!

家族

ひたすら肉にこだわり
世界を旅していたりする身分でありますので

はたして家族はいらっしゃるのかどうかと
調べてみました。

いろいろなところを見回っていましたが
嫁や子供、両親といった家族についての情報というものは
出ていませんでしたね。

一般人ですので公表はしていないにしても
もしかしたらfacebookに情報がともおもったのですが
ちっとも見つかりませんでした。

残念であります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る