石井桃圭をwikiる!大学薬学部は千葉のどこか?金目当ての元ホステスでうざいと話題に。

石井桃圭
スポンサーリンク

コント赤信号のメンバーの一人であるラサール石井さんは
長年連れ添った奥様と熟年離婚をすることになって
話題になりましたが

その後はなんと32歳も年下の嫁と
結婚したことでいろいろと騒がれるようになりました。

その奥様である石井桃圭さんについて
見ていこうと思います。

スポンサーリンク

石井桃圭さんの年齢は
ラサール石井さんよりも32歳年下となりますが

ラサールさんが1955年10月19日生まれとなりますので
桃圭さんが87年生まれということになります。

秋本奈緒美さんと原田篤さんも年の差結婚!

馴れ初めを見てみますと
2人が知り合ったのは

2012年9月の婚活パーティーの食事会になります。

最近は少子化対策もあって
自治体がこういったイベントを主催したりもしてますね。

初めて会ってから1ヶ月目くらいには
ラサールさんから「ずっといっしょにいたい」と
プロポーズめいた言葉をかけるようにまで
なっていきます。

さらに1ヶ月たった11月は
桃圭さんが誕生日であったこともあり

プレゼントもかねて指輪を渡して
本格的にプロポーズをします。

その1ヵ月後のクリスマスのときには
自宅の合鍵を渡して
結婚を決めることになります。

結婚までの期間はわずか4ヶ月、
スピード婚というようになりました。

この速さも驚くことなんですが
こういった年齢差の人が参加するパーティーに

2人が参加したことも驚きます。

一般感覚ですと萎縮して
なかなか参加できないような気がするのですが。

桃圭さんは32歳年上の
ラサールさんと結婚をしたために

金目当て、遺産目当ての結婚だと
言われることになりました。

まあこういうケースだと
よくいわれる批判ですね。

ときには一緒にテレビ出演をしたりするために

でたがり
勘違い
ウザイ

といった罵倒もでてきます。

とりあえず金目当てという批判について考えてみると
ラサールさんは前妻と離婚してからは

慰謝料をはらっていたりします。

また80歳までのローンを組んで新築の自宅を
建てることになりました。

この時点で貯金というものは
ほぼ尽きてしまったといいますね。

お金が目当てだったとしたら
つじつまがあわない感じがしますね。

まあ家はラサールさん亡き後は
奥様のものになるでしょうが。

あと毎月奥様には10万円のお小遣いが
支給されているといいますが
この額のお金と32歳上の男性と結婚するということが
割りに合うとは思えないところがあります。

桃圭さんは実はわけありの家庭のようでして
お父様がいなかったりするんですね。

そういうこともあってファザコンになり
50歳以上の男性にしか興味を示さないというところが
あったりします。

ラサールさんと交際することになったのは
ファザコンゆえの行動だったんですね。

こういう女性は一般的には少なく
なかなか理解はされにくいですから
今後もそう思われてしまうでしょうが
まあ2人の間に罵倒は入り込む余地がないことでしょう。

学校について

彼女は薬学部に通う学生であったときに
ラサールさんと出会うことになりました。

どこの学校であるというのは公表までされていませんが
ネットでは千葉県にある帝京平成大学であるといわれています。

最近は東京都杉並区の中野駅のそばに
キャンパスができたりしてますね。

学業をしっかりしたことにより
今は国家試験にも無事合格を果たしたようです。

ちなみにその前には別の大学、
千葉科学大学に通っていらっしゃって
動物薬学コースを専攻してたようなんですが
中退してしまっています。

まえの学校のときには
銀座でホステスをしていたといわれていて

それが原因の中退ともいわれていますが
家庭の事情であるような感じもします。

ホステスとして人気になれば
薬学系のハードな授業との並行はむずかしくもなってきますし
お父様のいない家庭から私立の薬学系に通うのは
お金の面でむずかしいかんじもしますし

どちらの事情も該当する感じがしてしまいます。

ラサールさんとの結婚は
授業料のためかなんておもわされるエピソードですが
それはないと信じたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る