請川博一:ドローンパイロットをwikiる!嫁や子供、高校、年収について

請川博一

日本のあちこちでドローンを悪用している人が多数いるために
飛行禁止になっている場所が増えていたりもするのですが
しかし有効活用すればいろいろなことを可能にしてくれる
すばらしいものであるといえます。

そのドローンを手足のように操ることのできる
ドローンパイロットとして有名なのが請川博一(うけがわひろいち)さん
なります。

画像引用:http://www.skylinkjapan.com/event_01.html

出身地は北海道旭川市であり
生年月日は1961年3月4日となっています。

最終学歴は旭川工業高校となりますね。

昔からラジコンヘリの操縦をしていて
30年以上のキャリアがあります。

ドローンの操縦はラジコンヘリの技術を
応用してのことですね。

今では有限会社「Rave Project」代表取締役、
つまり社長となっていて
この会社自体でドローンをつかった仕事をしています。

会社住所
〒078-8234 北海道旭川市豊岡4条6丁目13-3
TEL : 050-3391-6134

会社は特殊空撮の仕事をするためにドローンを使っていて
国内プロダクションや大手広告代理店、放送局に国土交通省など
さまざまなところから依頼が届きます。

年間250件くらいの仕事をうけているために
休みもなく大変だと思いますが
これからもがんばってほしいと思います。

ちなみにこれまで携わってきた仕事は有名なものも多く

・世界の果てまでイッテQ!
・レミオロメン「翼」PV
・キリン淡麗グリーンラベルCM
・TBSドラマ「南極大陸」

といったものがありますね。

空撮といえば請川さんだというのは
業界内ですでに浸透していることになるでしょう。

年収

ドローンの操縦は時給8000円くらいといわれていますが
これはアメリカの話になります。

請川さんは1本50万円とかで仕事を請けていたりしますが
報酬はピンキリになるので
安定している仕事とは言いにくいですね。

海外と比べて日本は需要がまだまだ少なく
しかも最近はドローンに対して嫌悪感を抱く人もいたりするために
荒稼ぎするということはできない状態であるといえます。

おそらく1000万円もいかないくらいだと思いますが
やりがいはありまくると思いますので
いいんじゃないかなって思います。

家族

すでに結婚はなされていて
子供は長女と長男の2人となっています。

名前は公表されていません^^

パイロットをしている家族がいたら
いろいろと心配してしまいますが

無人のドローンの操縦ですので
ご家族もきっと応援をしていると思います。

関連記事


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sandondon/konnyataku.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る