大空眞弓は夫勝呂誉と子供いるも離婚し再婚は?がんで闘病生活や薬物で苦労も

大空眞弓
スポンサーリンク

60年代にお茶の間の人気者になった大御所女優である
大空眞弓さん

昔はお子さんのことや夫のことでいろいろとありましたが
今現在も病気と闘っていたりと
波乱万丈な人生を送っておられます。

スポンサーリンク

画像引用:http://d.hatena.ne.jp/hakuouatsushi/20080424

家族

結婚した旦那さんは勝呂誉さんという同じ俳優をしていた人です。

この方は俳優活動とともに知性派タレントとして
クイズ番組に出演していたり
親友の石立鉄男さんと兵庫県でペットショップを共同経営していたりと
幅広い活動をしていました。

お二人の間にはお子さんが一人生まれることになりますが
残念ながら離婚という結末に行き着いてしまいます。

勝呂さんはその後一般人の女性と再婚をすることになったのですが
眞弓さんはいまも独身でいたりします。

驚くのは勝呂さんが再婚した女性と結婚式をあげたときには
眞弓さんも出席していたということです。

離婚は想像するようなドロドロとしたものではなくて
円満なものであったのでしょう。

2人の子供である長男の中田元博さん
俳優になり「ツインズ教師」といったドラマに出演したりすることになりますが
ご両親のようには大成せずに廃業。

そしてフリーター生活を送ることになり
生活費の多くは眞弓さんが援助をすることになります。

一見甘やかしているというようにみえるものですが
これが悪かったのでしょうか。

中田さんは2002年に薬物により
逮捕されてしまうことになります。

保釈されたあとにも薬物を所持しているのを見つけて通報し
翌年にも薬物使用が発覚して4年半の治療をして
逮捕となってしまいます。

眞弓さんは最初は息子の薬物使用に気づくものの
愛する子供が犯罪に手を染めているという現実を
受け入れることができなかったといいます。

父親である勝呂さんはこういうことが起こったために
自分の元において更正させたいというように
コメントしていたりしました。

薬物に手を染めたはっきりとした理由はないわけですが
芸能人夫婦の息子という特殊な状況に置かれていて
そういった子供のための接し方というようなことが
うまくできなかったためにこうなってしまったのでしょう。

がん

川野太郎の嫁はがんで苦しんでいた!

眞弓さんは何度もがんになったことで有名であり
多重がん」撃退中!」という本を出版するまでに
なっています。

1998年11月に乳がんが発見されることになるのですが
最初に出来たのは粘液がんの症状となる
ゼリー状のしこりであり
がん細胞はありませんでした。

定期健診をしながら経過をみていたのですが
がん専門病院で詳しく見てもらって
発見することになり手術を勧められることになります。

ただ当時眞弓さんは舞台の仕事などスケジュールがびっしりつまっていて
仕事に穴をあけない程度に治療したいと考えていたために
舞台終了後の手術を希望しました。

それを聞いて担当医は激怒し
「命の重みをどう考えているんだ」といった説教を聞いて
医者が自分のことを本当に思っていることがわかって
手術に踏み切ることになります。

乳がんゆえに温存か摘出か選ぶことになるのですが
温存だと時間がかかることになり摘出だと胸がなくなることになり
女であり女優の彼女には厳しい選択となりましたが
年齢のこともあり服を着てない仕事をやることはないだろうと考えて

左胸の摘出手術を選択して
無事に成功することになりました。

手術後は舞台復帰のために
病院を歩き回って体力保持に努めたりして
無事に舞台の仕事をこなしたりしましたが
こういう姿を見ていると

仕事に対してまじめなんだなって思いますね。

その後に息子さんが捕まることになりますが
彼女がおかしなひとだから子供がそうなったとは
いえなくなってしまいます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る